恋愛週間占い|気学風水恋愛運(7月31日~8月6日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|気学風水恋愛運(7月31日~8月6日)

皆さま、こんにちは!
ついに7月も終わりですが・・・先週の丑の日には、ちゃんとウナギ(牛)を食べましたか?
先週乗り遅れた人は、6日(日)にもう一度チャンスがありますよ!
というわけで、恋愛にもパワーが必要。
今週も自分の運気をチェックして、夏の恋を楽しみましょう。

コラムイメージ

九星の割り出し方

例)1979年生まれの人の場合

①西暦を1ケタになるまで足していきます。
1+9+7+9=26
2+6=8
②「11(キーナンバー)」から①で出た数を引きます。
11-8=3  この数字があなたの星になります。【3→三碧木星】
※1月1日~2月3日生まれの方は、②で出た数字に1を足して星を算出してください。

あなたの生年月日を入力してください。

 

☆*一白水星*☆

遊びたくて仕方ない週です。
気持ちが落ち着かないときは、パートナーと楽しいデートを企画して。
2人ならではのマニアックな楽しみがあれば、ハイテンションで過ごせるはず。
何かを始めたい欲求が高まってきたら、行ったことのない環境に飛び込んでみましょう。初対面で会話が盛り上がる異性と、恋のチャンスがありそう。


☆*二黒土星*☆

今週は、何かと変化をつけたくて仕方ないみたい。
デートが物足りなく感じても、恋人に当たらないこと。
気持ちの揺れは近いうちにおさまります。
良かれと思ってしたイメチェンが逆効果になることも。
恋活が行き詰まっても、あまりジタバタしないこと。
脈アリと思っても勘違いかも知れません。
今週は、落ち着いて客観的に状況を見直すことが重要。


☆*三碧木星*☆

アイデアを形にしやすい週です。
実用的かどうかに関わらず、面白いことを思いついたら、恋人に話してみましょう。
2人一緒に考えれば、すごいものを生み出せるかも。
今週は、いつもの場所で恋の予感。
あなたが気付いていないだけで、もう惚れられているかも知れませんよ。
ピンときた異性がいたら、多少わがままを言ってみましょう。
これから理想の恋人になれそう。


☆*四緑木星*☆

思うところはあるのに、はっきり言えないことがありませんか?
今週は、自分を表現するのがうまくないようです。
恋人に誤解されないように、一緒にいるときは気遣いを行動で示しましょう。
今週は、何かと考え過ぎてしまいそう。
恋活が行き詰っていたら、異性の友達とリッチなデートをしてみましょう。
今後のヒントが見つかるはず。


☆*五黄土星*☆

他のカップルと自分たちを、つい比較してしまうことがありませんか?
交際期間が長い人は、何か不満をためているかも知れません。
今週は、夏ならではのデートがおすすめ。気分が晴れるはず。
恋活中の人は、気になる異性を前にして、思うように動けない週です。
これまでの失敗経験を反省して、アプローチ方法を組み直しましょう。
純愛ドラマのような展開も、意外と似合うはずですよ。


☆*六白金星*☆

なかなか結果が出ず、あせりそうな週です。何をするにものんびり構えましょう。
行き当たりばったりのデートが吉。
スケジュールをあまり詰め込まず、2人でのんびりできる場所に行きましょう。
今週は、一目惚れの予感あり。
ピンときた異性がいたら、自分を印象付けておきましょう。
恋を意識させない爽やかさで、好感度アップを目指して。


☆*七赤金星*☆

公私ともにマンネリしていそう。
何かとネガティブな気分になりやすい週ですが、なにもないことを幸せと思えれば、ラッキーが増えてくるはず。
恋人には遠慮は禁物。
思ったことは素直にぶつけましょう。
過去の失敗から、積極的になれない週です。
あなたからのアプローチを待っている異性がいる暗示あり。
ライバルにさらわれないためには、タイミングを逃さないこと。


☆*八白土星*☆

何かをしたいと思いつつも、自分で探せない人は、恋人に相談してみましょう。
今週は野外デートが吉。
2人で体験系のイベントに参加して。
積極的に学んでいきましょう。
今週は、するべきことが多くて、何かと忙しくなりそう。
フリーの人は、恋活する余裕がないかも知れません。
艶を求めるなら、近場の異性と夏ならではのデートスポットに遊びに行って。
十分楽しめるはず。


☆*九紫火星*☆

保守的な気持ちになっていそう。
恋人と一緒にいてもしっくりこないときは、つき合いたてによくデートした場所に行ってみて。
楽しい想い出を振り返るうちに、活力が湧いてくるはず。
絆を深めて。
隣の芝生が気になりそうな週です。
フリーの人は、近場にいる異性とのあやまちに要注意。
周囲の勘違いを招かないために、恋と決めたら自分から交際を申し込むこと。


執筆者 : いっきかずえ先生

いっきかずえ先生のプロフィールを見る