恋愛週間占い|気学風水恋愛運(10月9日~10月15日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|気学風水恋愛運(10月9日~10月15日)

皆さま、こんにちは。
さて10月です。今週から本格的に今月の運気が始まります。
気学風水的にみて今月は、個性&自己アピール力が強まる月。
長くおつき合いしている方はわがままが出てくるタイミング。ちょっとした痴話喧嘩に要注意です。
ということを踏まえつつ、今週も自分の運気をチェックして、清々しい秋の恋愛を始めましょう。

コラムイメージ

九星の割り出し方

例)1979年生まれの人の場合

①西暦を1ケタになるまで足していきます。
1+9+7+9=26
2+6=8
②「11(キーナンバー)」から①で出た数を引きます。
11-8=3  この数字があなたの星になります。【3→三碧木星】
※1月1日~2月3日生まれの方は、②で出た数字に1を足して星を算出してください。

あなたの生年月日を入力してください。

 

☆*一白水星*☆

決断しなければいけないことが増える週です。
恋人との将来についても考えなければいけなくなるかも。
一緒にいてお互い成長できていると思うなら、これからの方針を立てましょう。
恋活の方針を変えて吉。
今週は、これまでしていたことについて結果が出そう。
あまりうまくいっていないと思うなら、自分のアピールポイントの見直しが必要かも知れませんよ。


☆*二黒土星*☆

他人に合わせるよりも、自分が思うように過ごした方がうまくいきます。
今週のデートは、場所もシチュエーションも自分で企画しましょう。
古い恋愛ドラマの中に良いヒントがありそう。
仲間同士のイベントを仕切ると、あなたの特技が活かせそう。
今週は目立って吉。
中心に立って努力するあなたの姿に憧れる異性が続出するかも。


☆*三碧木星*☆

お金のかかる趣味に興味が出そうな週。
自分に役立つ投資なら始めて吉。
恋人の意見も聞いてみると、これからの2人について嬉しいコメントがもらえるかも知れませんよ。
恋活中の人にはチャンス到来の週。
ディナー合コンで盛り上げると、意気投合する異性に出会える予感あり。
笑いだけでなく、ムードある会話を心掛けましょう。


☆*四緑木星*☆

したいことがままならない週になりそうです。
イライラし過ぎると視野を狭めるので注意して。
恋人の浮気を疑う事態が起こることも。
そんなときは相手を追い詰めるのではなく、まずは話しを聞きましょう。
今週は、普段あまり行かない場所で、理想の相手が見つかる予感あり。
ただ、身辺の忙しさから気持ちに余裕がなさそう。
しばらくの間は友達でいた方が良いかも。


☆*五黄土星*☆

これまでの努力が実る週です。
恋人との意思の疎通も完璧で大満足に。
美術館などアートな場所でのデートがおすすめです。
感性の一致が2人をより親密にするでしょう。
メールや手紙など、活字でのアプローチが功を奏す週。
脈アリと思った異性に対しては、がんがん攻めていきましょう。
いつの間にかつき合っている展開にできるはず。


☆*六白金星*☆

何かとタイミングが合わなさそう。
せっかくのデートもドタキャンの暗示あり。
今週はじっと我慢。
会えない時間は自分の時間ととらえて、有意義に使いましょう。
新しいことを始めると継続しやすい週です。
恋活中の人は、次の恋のために理想のボディを作るトレーニングを始めましょう。
自分に自信をもつこととモテは比例するものですよ。


☆*七赤金星*☆

今週は、注意力が散漫でケアレスミスを起こしがちに。
恋人に対する自分の気持ちが揺らいだら、出会ってからこれまでの2人を思い返してみて。
かけがえのない人だと思うなら、しばらくは現状維持で続けましょう。
個性的なファッションが吉。
遊び場では特に、わがままに振る舞いましょう。
今週、声を掛けてきた異性は本当のあなたを理解してくれる人。
前向きに恋愛を進めて。


☆*八白土星*☆

最近、なんだかうまくいっていない。
と思うことはありませんか?
反省が増えてきたら、心が疲れているかも知れません。
不安なことは恋人に話しましょう。
きっと客観的な意見をもとに励ましてくれるはずですよ。
恋活中の人は基本に立ち返って、自分のアピールポイントを研究しましょう。
恋愛ドラマやネット情報なども参考にすると良さそう。
今週、思わぬ人からのアプローチがあるかも。


☆*九紫火星*☆

おだやかな気持ちで過ごせそうです。
恋人とのマンネリは否めませんが、一緒にいるだけで幸せを感じられるはず。
デートはおなじみの場所が吉。
今週は、いつもより甘えても大丈夫。
意中の人にアプローチし続けていた人は、今週チャンス到来!自然なシチュエーションでデートに誘い出せそう。
あまり気を遣わず、友達ノリで口説くのがおすすめです。


執筆者 : いっきかずえ先生

いっきかずえ先生のプロフィールを見る