恋愛週間占い|気学風水恋愛運(2月20日~2月26日) | みんなのONLINE占い

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みんなのONLINE占い
PAGETOP

恋愛週間占い|気学風水恋愛運(2月20日~2月26日)

皆さま、こんにちは!
雨水(2月18日)を過ぎれば三寒四温といいますが、本当にその通りの陽気になりましたね。
この時期は、微熱の原因がウイルスなのか花粉なのか、はたまた恋煩いなのか、わかりにくくなるのです。

どちらにしろ、体調を崩すと気持ちが落ち込んで、ちょっとしたことでも悩みやすくなってしまいますよ。
そんなことにならないように、今週も自分の運気をチェックして、無理なく健やかに過ごしましょう。

コラムイメージ

九星の割り出し方

例)1979年生まれの人の場合

①西暦を1ケタになるまで足していきます。
1+9+7+9=26
2+6=8
②「11(キーナンバー)」から①で出た数を引きます。
11-8=3  この数字があなたの星になります。【3→三碧木星】
※1月1日~2月3日生まれの方は、②で出た数字に1を足して星を算出してください。

あなたの生年月日を入力してください。

 

☆*一白水星*☆

納得がいかないトラブルに巻き込まれやすい週です。
パートナーとタイミングが合わず、デートの約束がままならないことも。
プライベートな時間を自分磨きにあてて、次に会えた時に相手を喜ばせて。
フリーの人はモテ期到来!異性からの誘いは時間が許す限り乗ってみるべき。
あまり構えず、まずはデートを楽しみましょう。


☆*二黒土星*☆

交際が長い人は、幸せすぎて不安になってきそう。
今の恋人と本当にこのままでいいの?と思ったら、自分と相手の環境を含めて、この先どうするか検討すべき。
フルーティなスイーツが良いひらめきを呼びます。
自信過剰でケアレスミスを起こしやすい週。
恋人募集中の人は、まわりの異性をよく観察して、相手の気持ちを汲む努力が必要です。


☆*三碧木星*☆

何ごとも早合点は失敗のもと。時間がある日のデートなら、思いつくままの日帰り旅行が吉。
2人で散歩しながらじっくり話して相互理解を深めて。
これまで気づかなかった、相手の別の顔が見られるかも。
退屈な日に部屋にいると、妄想が暴走してしまいます。
片想いでモヤモヤしている人は、巧みな恋愛テクをもっている友人に相談して。


☆*四緑木星*☆

するべきことが立て込んで忙しくなりそうな週。
隙間時間でのデートは、一風変わったマニアックなものがおすすめ。
2人で持ちきれないなら、親友カップルも巻き込んで盛り上げて。
理想と現実のギャップに悩みそう。意中の相手がいるなら、正攻法でアプローチしてみて。
その場でうまくいかなくても、好印象は残せるはず。


☆*五黄土星*☆

思うことがうまく伝えられない時もあります。
タイミングが合わず、デートが不完全燃焼に終わっても、今はグッと我慢。
パートナーに合わせておだやかに構えていれば、嬉しい展開がありそう。
恋愛について、これまで堅かった人は少し遊んで。
軽すぎた人は純愛路線に変更してみると、相性の良い異性にめぐり逢えます。
イメチェンも吉。


☆*六白金星*☆

新しいことに挑戦したい前向きな気分でいられる週。
ふだん行かない場所に興味が出たら、ネット検索で情報や口コミをチェック。
パートナーと一緒に写真で見た景色を満喫して吉。感動体験の共有が2人の仲を強めます。
恋人未満の異性とお出かけするなら、企画を詰めすぎないこと。
夕方には解散する程度のおやつデートだと、次につながりやすくなります。


☆*七赤金星*☆

恋人とのマンネリが不安になる週。
相手も同じ思いなら、2人で小さな目標を立てて、一緒に新しいことに挑戦してみて。
ごく一般的なデートモデルを、そのまま実行してみるのも逆に新鮮なはず。
過去に中途半端で終わった異性が浮上してきそう。
久しぶりのデートは、相手のキャラを優先すると吉。関係が進展するかも。


☆*八白土星*☆

安定した関係の2人は、恋愛というより家族みたいな気持ちになっていそう。
刺激がほしいと思うなら、アドベンチャーや恐怖体験を盛り込んだデートを企画して。吊り橋効果でさらに仲が深まるはず。
異性に対する態度が自分らしくないと思ったら、作り笑顔は封印。
建前をすてて気さくに話すと、異性のみならず同性からもモテるはず。


☆*九紫火星*☆

家庭に憧れをもちそうな週です。結婚したり子供がほしくなったりしても、現実的に身動きが取れなさそう。
今は一緒にいるだけで幸せと思うべき。
甘い香りのホットオイルが、さらに幸運を運びます。
何かをしようとする度に、先のことばかりを考えて二の足を踏んでいそう。
気になる異性がいるなら、まずデートに誘うこと。次の展開はその後で大丈夫なはず。


執筆者 : いっきかずえ先生

いっきかずえ先生のプロフィールを見る