恋愛占い|運命の相手を探してみませんか? | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

運命の相手を探してみませんか?

コラムイメージ

こんにちは!みんなのONLINE占い、スピリチュアルタロット鑑定師の黒木心愛です。よろしくお願いいたします。

そろそろ、イベントの多い冬がやってくる季節! 少し寒い日も増えましたね。
皆様風邪などひかれていませんか??


占いのお客様で多い質問、その中でも3本の指に入るのが結婚の相談です。

運命の相手はいますか?

運命の相手といつ出会いますか?

この2つの質問は出会いとも繋がりますがダントツで多いです。

確かに、運命の相手がどんな人か、いつ出会えるのかわかればすごく楽。
ある程度予測がついていれば、迷う事なんてないのにとヤキモキしますよね。
しかし、もし運命の相手が仕事もせず、不潔で誰もが嫌うような男性だったらどうしますか?
婚期が占いで50代と出てしまったら?
結婚諦めますか??
そんなの絶対嫌ですよね。

より良い相手と早く結婚したいと誰もが感じているはず。
そのためにはどうすれば良いのか、それが今回のテーマ。


実は運命の相手、選択しすることや、全ての行動、方向などによって何通り、何百通りにもわかれます。

大学に行ったり、専門学校に行ったり、就職したり、何もせずブラブラする方、バイトをする方、夢を目指す方、もうこの時点で既に6つ道が別れています。
この時点で運命の相手は6通り出てきているのです。

そしてその選択肢によって出会い、人、婚期は変化します。

それなら、もっともっと若い時に運命なんて決まっているんじゃないの?と思うかもしれませんが、違います。

自分自身が運命を選択する限り道は作れます。
自分自身で選択肢を作り運命の人を決めることは、出来ます。

その中で新しい事を始めるということは選択肢の一つを作るということになります。
自分自身が興味のある事、何でも構わないです。
だからこそ良い相手を選びたいなら選択肢を増やすことが重要なのです。

そして良い相手に出会いたいのであれば良き人間であること。
夫婦は結婚すると似てくると言われますよね?
それって実は似てくるのではなく似ているのだと私は思います。


占いに相談にこられた方で一年で結婚、離婚をしてしまった夫婦がいます。
奥様が他の男性を好きになり、別れたいが故に無理難題をご主人に言いつけ出来なかった事を理由に無理矢理別れてしまいました。
その時ご主人は、奥様に対して「あんな酷い人間は見たことない」と言っていました。
その後傷ついたご主人を好きになって付き合っていた彼女が現れて三年程付き合っていたのですが、それを知った奥様がよりを戻したいとご主人に言いました。
するとご主人は自分を癒してくれた彼女を奥様が自分自身と別れた時のようにあっさり捨てて奥様の元に戻ってしまいました。

どんなに夫婦似ていないと思っていても、どこか少し、必ず同じものを持っていると私は考えています。
これは極端な例ですが不誠実で不潔な相手を選ぶか誠実で清潔な方を選ぶかはあなた次第なのです。

だからこそ、相手を思いやる方には、相手を思いやる方と一緒になり、楽しい時間を作ることの出来る夫婦になるのではないでしょうか


それでは良い人と出会い結婚するにはどうすれば良いのでしょうか?

出会いを変える三つのポイント

・待たずに行動する

・自分が理想とする人に、近づく努力をする

・他者の経済力や容姿をけなしたり陰口を言わない

この三つを心掛ければ劇的に、知り合う方が変化します。

待っている人の所には、行動する人は来ないです。待っている方には、待っている方
まずは出会いたいなら動く!これは恋愛にしても結婚にしても一緒です。

そして二番目のポイントは、例えば思いやりのある相手と出会いたければ、自分自身が思いやりを持つことです。
信頼出来る相手と出会いたければ、自分自身が信頼出来る人になることです。

三番目のポイント、これが一番大事なんです。
相手の経済力や容姿に文句がでる人、それは自分を貶しているのと一緒です。
結婚してからも配偶者の悪口を平気で言う方はなかなか幸せにはなれません。

これは逆もまたしかりで、配偶者や恋人の悪口を平気で言っていた人にアプローチされているなら、あまりオススメは出来ない方だと言うことですよね。


幸せな結婚をしたいなら、良き運命の人に出会いたいなな、まずは行動すること。

そしてどんな方と結婚したいか、具体的に書き出してみて、理想の人に近づく努力してみませんか??
そして一つ理想に近づけたのなら自信が出てきますよね?

そして出会えた運命の人の悪口は言わない。
まずはこの三つ心がけてみませんか?


最後までお読みいただきまことにありがとうございます。
皆様に沢山の幸せが降り注ぎますように。

執筆者 : 黒木心愛先生

黒木心愛先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ