恋愛占い|2017年は全独身男女に恋愛・結婚のチャンス!! | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

2017年は全独身男女に恋愛・結婚のチャンス!!

はじめまして。みん占鑑定士のヴィクトリカ♡ゾエ・キレーヌと申します。
 

九星気学・易・姓名判断などの占い、引き寄せの法則の観点を取り入れて鑑定士としてお仕事させていただいています。

 

おそらく世界「初」!!

「妖精」の開運アドバイザーです。

年齢は300歳、出身はエーゲ海。ちなみに人間の男性には興味ありませんので、あしからず。
 

……自己紹介はこんなノリですが、コラムは真面目に書くので、ここまで読んで「あぁもう無理」て方、しばしの辛抱です!! お付き合いくださいね。
 

今日のお話はタイトル通り。

今年は全!!独身男女に恋愛・結婚のチャンスが巡ってきます。

 

全体的・社会的に恋をして幸せになりたい、という機運が高まりますので、誰でも恋をスタートしやすくなるのですね。
 

なぜそうなっているか? というと、九星気学では一~九まで、九つの星にそれぞれ象意(これは、イメージです。たとえば一白水星は水、九紫火星は火、八白土星は山など)を当てはめ、「遁甲盤」というものを使って占いをしていくのですが、今年は遁甲盤上の、出会い運を表す四緑木星のお部屋のところに、九紫火星という火のエネルギーが注がれるので、「木」によって「火」が勢いを増し、威力が高まっているんですね。
 

た・だ・し。

 

星のエネルギーが高まっていても、そのエネルギーを受け取る「器」である私たちがエネルギーを受け取る状態になっていなければ、せっかくの素晴らしい恋愛・結婚運、受け取る事はできません。このエネルギーを受け取る状態になる事を、「運の波に乗る」と言います。
では、「運の波に乗る」事ができる人って、どんな人でしょう?

以下に書きますので、自分の事に当てはめて、チェックしてみてくださいね。



・いつも無理なく自然に笑う事ができて、物事に対してポジティブになれている


・愚痴や不満を言わず、プラスの言葉を自分にも周りにもかけている


・がんばり過ぎたり、無理したりしない。時間的にも心にも、ゆとりを持っている


・「ああするべき」「こうするべき」ではなく、自分にとって「楽しい」「気持ちいい」「面白い」ものを常に選択している
 

・健康な体に生まれた事、平和な世の中で暮らしている事など、今自分が手にしているものに素直な感謝の気持ちを持っている
 

・勤労意欲、向上意欲など、必要な「欲」をちゃんと持っている。目標・願いを持ち、自分に叶えられる力があると心から信じている
 

・おいしいものを食べる、好きな音楽を聴く、好きな洋服を着るなど、日々を気持ちよく楽しく過ごしている
 

・嫌な事があったら引きずらない、クヨクヨしない。切り替えが早い

 

どうでしょう?全部完璧にできている人は、なかなか少ないと思います。というか、私だって全部を完璧にやるなんて、無理です!

いくら妖精だろうが占い師だろうが、ネガティブになる事はあるし、忙し過ぎて「ゆとりなんてない!!」とイライラして、周りの人の親切な気持ちにも気づけない、そういう日だってあります。

願いはあるけれど、理想と現実の間のギャップにため息をつきたくなる時だって、当然やってきます。
 

こう書くと、「運の波に乗るって意外とハードル高くないか!?」と、思う人もいるのではないでしょうか。

要はポジティブ思考で日々を過ごせている、感謝と愛を常に持っている、という事なのですが、毎日忙しいし将来の事を考えると不安だし、自分の環境に感謝するどころか職場にも家族にも不満だらけ、そういう方は少なくないと思います。


とはいえ、いきなりポジティブになろうとしても難しいわ、とネガティブ思考の方は思いますよね。

でもそれって、「100%無理やりポジティブ」になろうとしてるから、起こってくる考えなのです。


たとえばずっと交際していた方とお別れした。

そういった事が起こって、いきなり「私に恋愛をさせてくれるという素敵な体験をしてくれてありがとう!!」なんて思える人は少ないと思います。

あれが悪かった、これが悪かった、自分の過去の過ちや、あの人が〇〇してくれないからこんなことになった、そう考える人のほうが多いに決まってます。


でも、この場合は「自分のあれが悪かった」と自分を否定するより、「あの人が〇〇したから別れたんだ。そもそもろくな恋人じゃなかった」と、相手のせいにしてしまったほうが、まだポジティブなんです。

自分を否定する気持ちは、一番心を削ってしまい、幸せを遠ざけます。
 

もっとポジティブになるなら、「ろくな恋人じゃなかった。だから次は、こんな人と恋愛したいな」と次の恋に目を向ける。

あるいは「今年は運が悪いんだから仕方ないや」と、運のせいにしてしまうのもいい方法です。

 

占いのいいところは、こういうところです(笑)
 

最終的には、「この恋愛でいろいろ失敗したけど、楽しい時もあった。いい経験になったな。〇〇さんありがとう」とお別れした方への感謝にまで達するといいですね。

もちろんそこまでいくには時間もかかるでしょう。

だから、「100%無理やりポジティブ」じゃなくて、自分のできる範囲で「無理なくポジティブ」を目指してください。


恋人と別れた、というような劇的な体験でなくても、たとえば日常生活の中、電車が遅れた時に「あーあ、遅延だ」で終わるのではなく、「ちょうどいい空き時間ができた。この前気になっていたあの占いサイトを見ようかな」と前向きな気持ちでスマホを取り出してみる。

そんなふうに、「無理なくポジティブ」を日々習慣づけていってみましょう。
 

如何でしたか?

 

こう思えば、「運の波に乗る」事も案外簡単な事のように思えてきたのではないでしょうか。

そう思えているあなたは、既に「無理なくポジティブ」できている証拠です!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

来週もお楽しみに。
 

あなたの幸せを願って。


 ヴィクトリー♡

 

 


コラムイメージ

執筆者 : ヴィクトリカ♡ゾエ・キレーヌ先生

 

ヴィクトリカ♡ゾエ・キレーヌ先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ