恋愛占い|細く長くいつまでも彼と恋愛が続くためにはどうすればいいの? | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

細く長くいつまでも彼と恋愛が続くためにはどうすればいいの?

コラムイメージ

ときどき、こんなこという人がいませんか?
「あーあ、彼氏じゃなくてずっと男友達のままだったらよかった」
そんな人に理由を聞くと、
「だって、彼氏になったらいろいろモヤモヤしたりイライラしたりするんだもん。友達だったらこんなことないのにさ。結局いつもケンカ別れしちゃうんだよね恋愛ってめんどくさい」
と返してきます。

さらによく聞くと
「わたしの彼なんだから、電話だっていつでもどこでもしてくれるべきでしょ?メールだって『うん、そうだね』でいいんだからどこででもできるのに、いつもほったらかされてるんだもん!」

みなさん、彼女が「ケンカ別れ」する理由、もうおわかりですね?
一言で片付けると「自己中」。
彼のことをぜんぜん考えてませんよね。
でも、これは恋愛においては誰もが陥りがちな感情。

一度男性の意見を伺ったことがありますが
「もう、いい加減にしろって感じ。女じゃなければグーで殴ってた」
そう、言ってたんですよ。
お互いにこんなこと思ってるとしたら最悪ですよね。

せっかくめぐり合えた二人、いつまでも仲良くするにはどうしたらいいか…
ちょっと考えてみませんか?


彼には彼の都合がある

小倉百人一首に
「歎きつつひとりぬる夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る(右大将道綱母)」
という歌があります。
「あなたがおいでにならない夜はさびしくてさびしくて夜明けがこんなに長いとは思いもしないわ」
と恋人を恨んでいる歌です。

千年前でも恋愛してるときの女性って今と変わりませんよね。だから彼女の気持ちはよくわかるのですが、もうちょっとだけ彼の都合も考えてあげてもいいかも…。
もしかしたらお仕事が忙しかったのかもしれないし、上司の家にお呼ばれされたのかもしれない。

そんなときに彼の気持ちを知りたくて占いを利用されることもあるでしょう。
でも、たいていこのような時はタロットなら「女帝」の逆とか「正義」の逆、あるいは「愚者」などがよく出ます。わがままを控えて、彼をのびのびとさせてあげましょう、というお告げなんですね。

さびしい気持ちをぐっとこらえて次に逢えたときにさびしかった分の想いをこめて笑顔で迎えてあげたら彼も「さびしい想いをさせて悪かった」って思ってくれることでしょう。


手のひらの上で転がす!?

男尊女卑、という言葉は死語に近いですが、特に九州ではその傾向が強いとみなさん思っていませんか?
実は、逆なんですよ。

九州の女性はよくこういいます。
「男性はおだてておくに限る♪『あなたってすごい!』『さすがあなたね!』こんなと言われて悪い気がする男性はいないでしょう?なんでも喜んでいうこと聞いてくれるよ」
つまり、自分のためでもあるんです。

「逆に、落ち込んでるときは『あなたは悪くないんだから』『大変だったね』と励ましてあげてます。九州の女性って肝が据わってるのかも?」
男尊女卑に見えて、実は男性のプライドを守ってあげる、九州女性の恋愛にとっては長続きする秘訣なんですね。


メールの普及も考えもの

男性とメールしていて「話してるときと別人みたい」と思うことがありませんか?
女性にはもともと「手紙文化」があります。ちょっとしたことでもメモにして渡すのはたいてい女子。

ところが男性は実務的な文書ならかけますが日常の手紙などあまり書かない。
女子はしゃべるようにメールをしますが、男性は会議をするようにメールする、といえばわかりやすいでしょうか。

男性からのメールで受ける印象が違うと感じるときはその温度差によるものかもしれません。
印象が違う、くらいならいいけど、お互いに誤解したまま、ということがあるかも…
ちょっと厳しい言い方になりますが、メールは文章。
表現力、読解力に差がある相手とのメールにはときどきそんな誤解が起こりがちなのです。

ですから恋愛においては、メールやLINEなど、文字だけのコミュニケーションだけではなく、やはり直接会う、電話する、など「同じ空間や時間を共有」することも忘れないでくださいね。


コラムイメージ

空間と時間

先ほど「同じ空間と時間を共有する」と述べましたが、今はtwitter、LINE、facebookなどのSNSがありますから相手の様子がすぐにわかり、彼がすぐそこにいるような気持ちになりますが、本当は空間を隔てているんですよね。

実際に同じ空間にいないとき、そんなときこそ「彼は今なにをしているかしら」「私のことを考えていてくれるかしら」と想いをめぐらせることも恋愛では大切です。

そして「彼が私のことを考えていてくれるだろう」と思ってみてください。
たったそれだけのことですが、とても幸せな気持ちになりますよ。

空間や時間を隔ててもお互いのことを思いやる、これを心がけてみてください。
きっと長続きするカップルになれることでしょう!


執筆者 : 小夜歌先生

小夜歌先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ