恋愛占い|【幸運な恋愛体質になるための第2ステップ ~感情の波動を上げる】 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

【幸運な恋愛体質になるための第2ステップ ~感情の波動を上げる】

こんにちは。みん占鑑定士のアリアです。
 

前回は、幸運な恋愛体質になるための最初のステップとして、「肉体の波動を上げる」方法についてご紹介しました。

 

・血液をクレンジングする

・女性・男性ホルモンを活性化する

・海塩をとる

・体を温める

 

 

占いと関係ないように思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、食事や体調を整えることは、運気を上げるための最もベースとなる方法です。

 

スピリチュアルではこれを「グラウンディング(地に足をつける)」と言いますが、バーチャルではなくリアルな恋愛や結婚を求めている方は大事なポイントになりますので、ぜひ押さえておいてくださいね。

 

 

さて、今回は幸運な恋愛体質になるための第2ステップとして「感情の波動を上げる」ための方法についてご紹介したいと思います。

 

 

誰かを好きになると、それまで知らなかった自分の意外な一面が見えてくる・・・、という方も多いのではないでしょうか。

 

それは、普段は奥に潜んでいる原始的な感情や本能が表に現れてくるためです。

 

好きな人を目の前にするとドキドキしたり、顔が赤くなったり、うまく話せなくなったり・・・。

 

また、天にも昇るような心地を味わったかと思ったら、すぐに落ち込み、悲しくなってしまう、また冷静ではいられない抑えきれない衝動がこみ上げてくる・・・。

 

そんな思いに戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

 

この恋愛感情をコントロールすることは至難の業。

 

それは、私たちが恋愛をする時は「特殊な脳の状態」になり、自己コントロールが利きにくくなるためなのです。

 

 

私たちが恋をすると、脳内にフェニール・エチル・アミン(PEA)ドーパミンエンドルフィンなど、ときめきや快楽に関わる物質が大量に分泌され、昂揚感や多幸感を味わいます。

 

これが、「恋に落ちる」という状態です。

 

また、「恋は盲目」という言葉もある通り、恋愛中は相手の良い所しか見えなくなり、周りの忠告も耳に入らなくなったりします。

 

特に障害の多い恋愛では、これらの脳内物質の分泌がより盛んになるとされます。

 

これが、「周囲に反対されるとより一層燃え上がる」といわれる所以です。

 

 

これらの脳内物質は一時的に大量に分泌されますが、一定の時間を過ぎると分泌が抑えられます。

 

すると、不安感を感じる物質が優位になり、また同じ幸福感を強く求めるようになります。

 

そのため、相手のことが気になって仕方がない、相手がいなければ穏やかでいられない・・・、という「相手不在の苦しみ」を味わうのです。

 

ですので、幸福な恋愛のためには、このような感情の波を乗り越え、バランスを心がけることが大切なのです。

 

コラムイメージ

 

では、このような恋愛感情のバランスを整え、波動を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

そのためにはまず一度冷静になり、自分を取り戻すことが大切です。

 

感情的になっている時は、体もはりつめて緊張が溜まっているもの。

 

この緊張を解いてあげることが、自分を取り戻す第一歩になるでしょう。

 

 

緊張を解くために最も簡単にできる方法は、呼吸法です。

 

「相手のことで頭がいっぱい」「胸がはりさけそう」と感じる時は、一度ふうっと息を吐き、それからゆっくりと吸い込んで深呼吸をしましょう。

 

思い詰めている時というのは、案外呼吸を忘れているものです。

 

 

深い呼吸をするために、ヨガや気功、ストレッチなどのエクササイズを取り入れるのもおすすめです。

 

また、ジョギングやウォーキングなどの軽い有酸素運動も良いでしょう。

 

もちろん、得意なスポーツで汗をかくというのも良いですね。

 

 

運動はあまり得意じゃない・・・、という方には半身浴やサウナがおすすめです。

 

ゆったりと呼吸をしながらじっくりと汗を出すことで、感情のデトックスになります。

 

好きなアロマの香りを漂わせながら行うと、リラックスやリフレッシュにもなりますね。

 

そして、運動や入浴後はたっぷりとミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

 

 

それから、感情のデトックスには、思い切り泣くこともおすすめです。

 

心に響く映画やドラマ、小説や漫画などのストーリーに感情移入をするのも良いでしょう。

 

涙を流すとスッキリとして、内臓のマッサージにもなります。

 

 

この他に歌を歌う、ダンスを踊る、絵を描くなどの表現を楽しむのも良いでしょう。

 

恋をしている時は豊かな感情表現ができますので、それを創作活動などに活かすと表現の幅が広がるでしょう。

 

 

仕事や家事などで忙しく余裕がない、という時にはこんな手軽な方法もあります。

 

それは、「上を向く」という方法です。

 

首を反らして、天井に向けてみましょう。

 

すると全身の気・エネルギーの通りが一発で良くなります。

 

腕も一緒に上げて思い切りのびをすると、気分転換にもなりますね。

 

 

また、イライラして落ち着かないという時はガムを噛むだけでも、顎を動かすリズム運動が脳に程よい刺激を与えてくれます。

 

 

これらの方法は、セロトニンという脳内物質を活性化させる方法です。

 

セロトニンは幸福ホルモンといわれ、私たちの脳全体を司る最も大切な物質。

 

恋愛中の不安定な脳波を穏やかに安定させてくれます。

 

前回ご紹介した「肉体の波動を上げる」方法も、セロトニンを活性化するためのサポートになりますので、併せてヒントになさってみてくださいね。

 

 

幸運な恋愛体質になるためには、感情のコントロールをするのが一番厄介といえます。

 

そこには脳内物質が起こす作用、そして本能的で衝動的なエネルギーを飼い馴らす必要があるためです。

 

ですが、恋愛の素晴らしい気持ちやダイナミズムを味わえるのも、感情がはたらいてこそ。

 

それまで知らなかった、自分の意外な一面を知ることもできます。

 

 

ちなみに、恋愛感情を起こす脳内物質は3~4で分泌が減っていくとのこと。

 

あんなに好きだった相手が退屈に見えてしまう、イヤな部分が目についてしまう・・・、といういわゆる倦怠期が訪れるのもこの頃です。

 

これは、恋愛ホルモンが起こすマジックから覚めてしまったため、と言い換えることができるでしょう。

 

 

一人の相手と長く良い関係を築いていくには、一時的な強い衝動に飲み込まれず、感情のバランスをとりながら穏やかな愛を育むことが大切になります。

 

そのためにも、セロトニンを意識した毎日を送るよう心がけることが、幸福な恋愛を長続きさせる秘訣といえるのですね。

 

それが、波動アップにつながります。

 

 

また、不安や執着から抜け出せない、という方のために、私・アリアの方ではオリジナルのイメージ方法「インナーチャイルドを癒す方法」をお伝えさせていただいています。

 

こちらは感情の滞りを解放し、自分を取り戻すための方法としてこれまで3,000名以上の方にお役立ていただいています。

 

よかったら、こちらもヒントになさってくださいね。

 

 

今回のまとめとして「感情の波動を上げる」方法は、こちらになります。

 

・呼吸法やエクササイズをする

・汗を流す(デトックス)

・セロトニンを活性化する

・インナーチャイルドを癒す

 

 

では次回は、3番目のステップとして「心の波動を上げる」方法についてご紹介したいと思います。

 

どうぞお楽しみに♪

 

 

 

コラムイメージ
 

執筆者 : アリア先生

 

アリア先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ