恋愛占い|*恋愛は楽しいものだと思っていませんか?* | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

「占いを上手に恋愛に活用する」

こんにちは。みん占鑑定師の水杜シンです。
いつも多くのご依頼、ありがとうございます。

 

恋真っ盛りの夏も過ぎ、人恋しい秋がやって来ます。

賑やかな季節の余韻を残す、微かな哀愁漂うこの時期はとても良いですね。
我が家の庭の夏野菜たちもそろそろお休みに入るようです。


コラムイメージ


今年の夏はいい思い出が作れましたか?

ひと夏の恋愛に身を焦がした方もいらっしゃることでしょう。
私の元にも悲喜こもごも、たくさん占いのご相談が寄せられておりました。
占いの結果がどうであっても、皆さんの恋愛が幸せなものとなるよう、日々お祈り申し上げております。

さて、日々恋愛を楽しんでいらっしゃる方は良いとして。
いつも恋愛のことで悩んでばかりという方に向けて、今日はお話をさせていただきたいと思います。


*恋愛の本質は「苦」*


コラムイメージ


恋をすると心もウキウキして、目に映るもの全てが明るく輝き、あの人の声は美しい調べのよう、あの人の匂いは芳しい花のよう…まるで魔法にかかったかのような毎日が訪れるでしょう。

しかし

それはあくまでも「うまくいっている」時のお話。
二人の心が通じ合い、ロマンチックな時間を同じ気持ちで共有できていれば、という条件つき。

これが逆だったら…?
好きなのに二人の心はすれ違い、同じ時間を過ごしていても温度差を感じる…もう、辛くて仕方がないのではないでしょうか。

ですが、これもまた恋愛の持つもう一つの側面なのです。


コラムイメージ


多くの方は恋愛というと、バラ色の日々ばかりを想像してしまいがちですね。
けれど、もう一つの側面…「辛さ、苦しさ」を経験することの方が圧倒的に多いのは何故でしょうか?

それは、*恋愛の本質が「苦」である*からです。

基本的に恋愛というものは、違う人生を生きてきた価値観も性質も何もかも異なる二人が、お互いを理解し合い、受け入れ合おうという行為。
これを好きでもない人と同じことをしなければならないと思ったら…とてもできませんよね?

そうです、恋愛はとても大変で、通常なら絶対無理なこと、なかなかの苦痛を伴うことなのです…本来は。
(それを乗り越える方法を探すのが、私たち占い師の仕事ですが…)

そんな大変なことを、「好き」という感情のスイッチをきっかけに始めてしまうのが恋愛の凄いところですね。
ですから、そもそも恋愛は大変で当たり前、「苦しい」ことが前提なのです。


コラムイメージ


大変だからこそ二人の気持ちが通い合い、幸せを感じられた時には素晴らしい達成感や高揚感が得られるのですね。
険しい山を登りきって頂上にたどり着いた時の達成感に似たものがあるかも知れません。


*たまには恋愛をお休みして*

自分の心が疲れてしまったとき、現実に虚しさを感じてしまったとき、孤独の不安に怯えているとき…恋愛がくれる楽しさや高揚感、幸福感を求めて恋人を探すのは少し考えもの。

先程も言ったとおり、恋愛の本質は「苦」なのです。
自分の心が疲れて、苦しんでいるときに恋愛に走るのは、風邪で高熱を出しているのに、元気になれるかも知れないと遊園地へ行くようなもの。
あまり良い結果は期待できそうもありませんね。


コラムイメージ


自分の心がお休みを欲している時は恋愛や出会いを鑑定しても、やはりもう少し先の時期を示される占い結果となることが多いように思います。
もちろん、わずかな可能性を探すこともできますが、大変な恋愛になることを覚悟した上で…と前置きさせていただくことになるでしょう。

恋愛を楽しむためには、まず心が元気であることが何よりも大切です。
心の体力がなければ、せっかくの恋愛もただ苦しいだけになってしまいます。

前向きになろうと恋愛に走るより、気持ちが前向きになってから恋愛をする方が、ずっと良い恋愛になりますよ。
いい出会いも、本当に幸せだと思える素敵な関係も、元気な心のもとにやってくるものなのです。


コラムイメージ


どうしてもうまくいかない恋ばかりが続く時は、思い切って恋愛をお休みしてみましょう。
焦ってヒートアップした頭と心では、本当の恋を見分けることは難しいのです。

落ち着いて、自分自身で居られる日々を大切に、自分ひとりでも楽しめることや、幸せに感じられることをたくさん探してみることです。

自分の人生を大切にできる人の所に、素敵な恋愛はやって来ます。
それは、とても簡単な理由です。

*自分の人生を大切にできる人は、相手の人生も大切にできるからです。*

そうやって出会った二人というのは、相性占いの上でも最高の相性であることがとても多いのです。


*恋愛は人生のスパイス*

恋愛はどれもドラマチックで、刺激的な時間をくれるかも知れません。
ですが、あなたの人生脚本の中で言えば、恋愛という特別な場面はほんの僅かなもの。

人生に彩りや華やかさを添えてくれるものですが、スパイスと同じで効かせ過ぎればメインの味が損なわれてしまいます。
隠し味が隠れていない料理ほど残念なものはありません。


コラムイメージ


恋愛の楽しさや幸せ感がクローズアップされることの多い昨今ですが、恋愛がくれるものを過大評価することなく、「あってもいいかな」というくらいに留めておけると良いですね。

「恋愛、恋愛」と追いかけすぎないのが幸せな二人になれるコツ。
春風のような軽い心は、思いもよらない素敵な出会いや恋を呼んでくれますよ。

恋愛は人生の隠し味、上手に取り入れて楽しい毎日を。

隠し味を用意しておいたのに入れ忘れることの多い占い師水杜でした(笑)

 

 

執筆者 : 水杜シン先生

 

水杜シン先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ