恋愛占い|*恋愛がうまくいかないのはあなたがダメだからじゃない* | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

*恋愛がうまくいかないのはあなたがダメだからじゃない*

こんにちは。みん占鑑定師の水杜シンです。
 

自分の恋愛のゆくえを占っていたのはとうの昔…

若かりし頃は気になる人の些細な言動にも、占いの結果にも一喜一憂していたものです。
 

今でこそ占いと上手に付き合えるようになりましたが、カードが語る真実から何度目を逸らしたいと思ったかわかりません。


コラムイメージ
 


そして、良くない結果が出るたびに自分の恋愛下手にがっかり…

ここが良くない、あそこが悪い、と自分のマイナス面を見つけては何とかしようと躍起になっていたのは良い思い出です(笑)


本当にあなたが悪いのか?


恋愛がうまくいかない理由は様々です。


・    相手の好みに合わなかった
・    受け入れてもらえなかった
・    自分よりも魅力的な人に負けた
・    恋愛対象になれなかった
・    価値観が合わなかった
・    条件に合わなかった
・    選んだ相手が悪かった…etc.

 

相手が理由を言ってくれなかった場合、このような可能性を考えるのではないでしょうか。
一生懸命頑張ったけれど、結局うまくいかなかった時の悔しさや悲しさは本当に辛いものがありますね。


コラムイメージ


努力した時間が長ければ長いほど、大変であればあるほど、報われなかった時のマイナスな感情は大きくなるものです。
 

「やってられない!」「バカみたい!」「私の時間を返して!」…

と叫びたくなる気持ちが怒涛のように押し寄せてくるかも知れません。
 

手のひらを返したように裏切られたり、冷たく切り捨てられたり、あなたが悪いと言わんばかりの理由を突きつけられた時には…

愛しい気持ちは一転して憎しみに変わってしまうことでしょう。
 

また、あなたと別れた後、すぐに別の恋人と仲良くしているのを知ってしまったりなんかしたら…

何もかも信じられない気持ちになってしまっても無理はありません。


相性占いが求められる本当の理由…
 

残念ながら、全ての人があなたの努力に応えてくれるとは限りませんし、頑張れば相手の気持ちが必ず変わるというものでもありません。
ですが、それは自分が逆の立場になれば少しは理解できるかも知れません。


「一生懸命なのはわかるんだけど…やっぱり好きになれないんだよね…」という相手もいるはず。
ただ、その相手との関係で前向きになれないことに、さしたる理由もないというのが本音ではないでしょうか。
 

よくわからない、けれど何故か好きになれない、恋愛に発展しない…
これを私達占い師は「相性」「ご縁」と呼んだりします。
頑張りや努力で越えられない、人と人を結んでいる不思議な引力は時としてあなたに悲しい思いをさせてしまうこともあるでしょう。


コラムイメージ


合縁奇縁と言いますが、どんな人と出会い、どんな関係に発展するかは誰にもわからない…

人のめぐり合わせは人類最大の謎のひとつ。
それをなんとかして解き明かそう、探ってみようという試みが相性占いです。
不思議なめぐり合わせの力に翻弄されたくない、という切なる思いから恋愛をはじめ、人と人の関わりが生まれるところには相性占いが求められてきたのですね。


報われなかった恋愛…それはあなたが運命に立ち向かった証


どんなに頑張っても手に入れられなかった恋、報われなかった恋愛を経験してしまった時には、決して自分を責めたり、自分の悪いところや自分の非ばかりを探したりしないでほしいのです。
場合によっては、相手だってあなたのことを好きだったけれど、何故かお付き合いには至らなかった、そんなこともあるのです。
そういう悲しい運命にあった二人だったら…どちらを責めることができるでしょうか。
人と人が結ばれること、人と人が離れ離れになること、このどちらにも私達の努力が及ばないような引き合わせの力が働いています。
どうしてもうまくいかない恋愛だった時には、出会うべき人がいるために引き合わせてもらえなかったということなのです。
決してあなたの努力不足などではありません。
 


コラムイメージ


あなたの努力の価値は、あなたにしかわからないもの、あなただけが知っているもの。
悲しい定めかも知れないと感じつつも、幾多の苦しい思いを抱えながら、幸せのために一生懸命頑張った自分を誇りに思ってくださいね。
それはまぎれもなく勇敢な恋と呼ぶべきものです。


勇気をもって運命に立ち向かった自分自身を讃えてあげましょう。
流した涙の数はあなたが掴む幸せの数と同じ。
そして、顔を上げた高さがあなたのたどり着く幸せの高さ。


さあ、もう一度足を前へ。


素敵な未来が、あなたに見つけてもらえるのを待っていますよ。
 

 

 

執筆者 : 水杜シン先生

 

水杜シン先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ