恋愛占い|「占いを上手に利用するためには」 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

「占いを上手に利用するためには」

こんにちは!9月のコラム担当は、スピリチュアルカウンセラー&思考分析マイスターみん占鑑定師のKarinです。
 

9月は、5回のコラムを予定しておりますが、4回目と5回目「占い」について、分析してきたいと思います。

 

 さて、早速ではございますが・・・

 今回は、「占いを上手に使うためには」について分析してみましょう!

 

 これまでの回でお話したのは、「恋愛上級者」になるための色々な思考や行動についての分析でしたが↑

 恋愛初心者であれば・・・もしくは、ご自分の思考や行動を分析することが苦手な方は、ちょっと難しいところもあるかも?

 もし、あなたがそうであるならば、「占い」などの「第三者的な見解」を効率的に利用されるのも良い手かと?!

 しかし、ただ、「占ってもらう」というのでは、その後のご自身の人生に活用することができません。

 せっかく!「占い」を利用するのであれば、その後、ご自身がその占いから得た内容を日常生活で使えるように効率的に利用して頂きたいものです。

 

 では、どのような方法が「効率的なの?」ということですが・・・

 

 効率的に利用するためには、まずは、「占い」というものの性質を知っておかれて下さい。

 占いには、データ分析型や波動・オーラ分析型や色々な占い手法があると思いますが、どの方法を選択するとしても↑

 その鑑定結果は、「一般的なモノである」(特に初回は)ということがポイントです。

 

 あなたご自身から提供された数値や物から、それぞれの手法で読み取られたものを鑑定師がお伝えするわけですが・・・

 その内容は、その読み取られたものを一般的に解釈すると?!というものになります。

 

 例えば、「この生年月日生まれの方であれば、一般的には、こんな傾向がある」とか?!

 「こんなオーラの色を持つ方であれば、一般的には、こんな傾向がある」とか?!

 提供されたデータによって、ある程度「グループ分けがされた群」からの読み解きということになります。

 

 もちろん!そのグループにあなたご自身が属しているわけですから、伝えられた内容については、ある程度の精度が期待できます。

 しかし逆に言うと、「ある程度」ということです。

 

 この場合、伝えられた占いを分析するためには、あなた自身の能力が必要になります。

 つまり、伝えられた占いの内容をどのように解釈して、日常に取り入れていくか?で、占いの内容から得られる効果は変わるのです。

 

 要するに占いの内容の精度・効果は、あなたの分析能力次第ということになります。

 例えば、「○○占い」という文章の中で、あなたのデータが対応する文章を見つけて、「この部分は、当たっている!」けど・・・

 「この部分は、違うような気がする?!」と思う経験をされたことはないでしょうか?

 

 「当たっている!」と思うということは、ご自分自身の状況を分析されているから、そう感じられるということで

 逆に「当たっていない!」と思うということは、ご自分自身の状況に「当てはまっていない」と感じられるからかと?!

 となると・・・

 この「ご自分自身の状況を分析できているか?」のその分析の精度が、どの程度か?で占いの内容を、十二分に活用できるか?が変わるということになります。

 つまり、もしかしたら?!ご自分自身の状況が分析できていない方は、「当たっていない!」と感じるところが、実は、「一番当たっている!」という可能性があるということです。

 

 これでは、どんな占いを頼っても、その占いの鑑定結果の精度は高くっても、何度、占いをしてもらっても・・・

 なんとなく、分かったような気になるだけ…

 

 占いを利用されるのであれば、何かに悩んで、人生の何かを変えたい!と思って、鑑定を依頼されているのかと?!

 しかし、せっかく鑑定でアドバイスを貰ったのに・・・

 日常にいかせないのでは、いつまでも人生は変わりません。

 日常にいかすためには、鑑定の内容から受け取るものが「なんとなく」ではなくなることが必要です。

 

 では、どうすれば「なんとなく」でなくなるか?

 

 ご自分自身の状況を分析する習慣を持たれるか?

 分析がどうしても苦手な方は・・・

 予め鑑定を依頼されるときに、鑑定精度自体が上がるように依頼をされるか?

 つまり、あなた自身が分析をされなくても、鑑定の内容自体があなたを十分に分析された上に伝えれたものであれば、あなたがされることは、その内容を日常生活にいかす習慣を持つことだけになります。

 

 では、「占いの鑑定精度を上げるためには?!」

 これは、長くなりましたので次回に!

 

 次回は、9月29日(金)掲載予定ですので、どうぞお楽しみに!

 

 最後まで、お読み頂きありがとうございました。

                    Karin

 

 

コラムイメージ
 
 

執筆者 : Karin先生

 

Karin先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ