恋愛占い|*「重そうな女」は嫌われるが、本当に「重い女」は愛されている* | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

*「重そうな女」は嫌われるが、本当に「重い女」は愛されている*

こんにちは。みん占鑑定師の水杜シンです。
 

天高く馬肥ゆる秋…物理的に「重い男」になりかけている占い師の水杜です(笑)

 

今回のお話はズバリ、「重い女」についてです。

 

 

*恋愛なのに 重い女は嫌われる!

 

コラムイメージ

 

・  何かというとすぐに結婚話をする、マイホームや子どもの話、果ては親の介護まで…

・  スケジュールを聞かれたり、デートやおでかけの時間を作ってほしいなどと束縛される

・  メールやLINE、電話をしてほしい、何でしてくれないのかなど連絡の有無にうるさい

・  仕事は大丈夫なのか、このままでやっていけるのかなど、将来への不安をすぐ口にする

 

それを嫌がる男性についての相談は、古今東西の占い師にとってさほど珍しい相談ではなかったりします。

男女の性差、とも言えますが…自由な恋愛を好む世の男性にとっては、ちょっと面倒くさいかも知れませんね。

誰だって義務や責任が好きなわけではないでしょうから。

 

 

*本当に重い女は嫌われるんでしょうか?

 

コラムイメージ

 

真剣な交際を考えている男性は「重くない女」を敬遠する傾向もあるようです。

恋愛だけなら重くない方がいいけれど、一緒になるなら多少重くても先のことを考えてくれる人がいいという男性も少なくありません。

占いに来る男性の質問では、相手がどこまで真剣かを聞かれることも珍しいことではないのです。

 

恋愛中から現実が見えている女性は信頼できるパートナーになってくれそうだ、と思われやすいことも無関係ではないでしょう。

長い付き合い、結婚ともなれば現実と向き合うことになりますから、現実の見えていない女性だと「こんなはずじゃなかった!」なんていうことにも…。

 

ある程度の束縛は信頼感のある男性を育てるという利点もあります。

安心感があって落ち着きのある男性は、奥さんやパートナーに教育されたという人も多いのです。

いい女がいい男を育てる、という典型ですね。

 

不安はある種の危険回避本能とも言えますから、将来の心配をするというのは、リスクに対する感覚が鋭い、先を見据えている、とも考えられます。

そもそも女性は危険回避本能が強いものですが、女性の方が占いをよく使うということも、それを物語っていると言えるでしょう。

男性側としても、先を見据えて行動している女性を軽率には扱えないという心理が働きやすくなります。

 

 

*幸せな関係を結んでいる女性に「重くない女」はいません

 

コラムイメージ

 

重さは真剣さの表れとも言えます。

大切な未来のパートナーに真剣でない人を選ぶ人はそう多くないでしょう。

恋愛期間のような楽しいことだけではなく、面倒なことに対しても向き合う気持ちがあるかどうかは男性からの信頼度に大きな影響を与えます。

 

重大な危機を招きかねない不安要素を潰しておくのは危機管理の基本。

連絡をとるクセをつけさせる、行き先を告げる習慣をつけさせるなど、いざという時に話し合いができないような環境を作らないことは、恋愛中にできる正しい習慣づくりと言えるでしょう。

人は急に変われないからこそ、ですね。

 

男は浮気をする生き物、とも言われますから日頃から牽制しておくことは決して間違いではありません。

占い師に寄せられる相談の中でも浮気の相談は非常に多いジャンルです。

浮気をされてあれこれ疑いをかけなければいけなくなるより、恋愛期間から予防に努めるというのは賢い選択ではないでしょうか。

ただし、やり過ぎは逆効果ですので気をつけたいところですが…。

 

ある程度の自由は保証しつつも、大事なところには釘を刺し、いつまでも子ども気分が抜けきれない男性を育てる女性というのは、厳しいようでありがたい存在。

好きにしなさい、と言ってくれる器の広い女性もなかなかいませんが、自分を適度に制限し、躾けてくれる女性も実は貴重な存在なのです。

 

 

*本当は軽い「重そうな女」になっていませんか?

 

コラムイメージ

 

・  結婚や出産をすれば自動的に幸せになれるという軽率な考え

・  自分に自信がないがゆえの束縛

・  とにかく男性の世話になりたがる自立心のない生き方

・  外見や表面的なものだけで男性の気を惹こうとする薄さ

 

男性も馬鹿ではないので、そういう考えは簡単に見透かされてしまいます。

そういう女性は残念ながら「遊び」の対象になりやすいようです。

 

中身は軽く、要求は重いのが「重そうな女」。

付き合ってみたら中身がなくてがっかりした、なんて言われたくはないですよね。

自分自身の密度とパートナーからの重要感は比例するもの、と心得ておくと良いでしょう。

 

 

*自分の幸せに対して真剣に向き合うのが本当の「重い女」

 

コラムイメージ

 

男性は本来、誰かを守りたいという本能を持っています。

守るに値する女性を求めているとも言えるでしょう。

 

男性にとって、人生や幸せに対して真剣な人こそが、守ってあげたいと思える存在ではないでしょうか?

 

結局最後に物を言うのはあなたの幸せに対する真剣味です。

 

「これが私の幸せです!」と堂々と語れる「重い女」になってくださいね。

 

 

執筆者 : 水杜シン先生

 

水杜シン先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ