恋愛占い|*好きな人が連絡をくれないとき…辛い夜の過ごし方* | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

*好きな人が連絡をくれないとき…辛い夜の過ごし方*

こんにちは!みん占鑑定師の水杜シンです。
 

近年、SNSが浸透したことによって人と人の繋がり方は大きく様変わりしましたね。

それと共に、恋愛のかたちも大きく変化したように思います。

 

コラムイメージ

 

メールが登場した時にも、同じような「大変化」を感じたものですが、SNSの登場はそれを上回る「大革命」とも呼べるものになったのかも知れません。

メールよりもさらに速く、瞬時とも言えるスピードでのやり取りが可能になり、一日千秋の苦しさを解消してくれるかに思えました。

相手がメッセージを読んだかどうかがすぐに分かる「既読」機能、相手の日常を見ることができる「タイムライン」など、会えない時間に悩む恋人たちにとっては願ってもない夢のような発明だったでしょうね。

 

しかし、そんな便利な機能は新しい悩みを作り出してしまったようです。

「既読スルー」「未読」「ブロック」…日々占い鑑定をしていても、この言葉を聞かない日はありません。

 

好きな人が連絡をくれないとき、あなたはどのように過ごしますか?

 

 

*LINESNSでは測れない、2人のご縁

 

既読にならない、返信がない…

2人の関係をSNSで測ろうとする人が多いように感じますが、果たしてそれだけが相手の気持ちを物語るものでしょうか。

 

コラムイメージ

 

人の知りたいという欲に終わりはありません。

メッセージを読んだかどうかがわかったら、今度はその先…もっと、もっと、と相手の状況の全てを知りたくなるもの。

ですが、相手の行動を全て把握すれば、本当に不安は消えるのでしょうか?

 

答えはNOでしょう。

どんなに行動を把握できても、結局一番知りたいのは「相手の気持ち」なのですから。

こればかりはどれだけ相手を眺めていても、わかりようがないこと。そのために私達占い師がいるとも言えますが…

 

全てを知ることが愛だとは限りません。

相手から聖域や秘密を奪わないこと、それも愛なのです。

 

 

*人のご縁というのはもっと奥深いもの

 

たとえ友人知人であっても、明日会える「保証」はありません。

一期一会とはよく言ったもの。

同じく、何をすれば繋がり、何をすれば離れるということもないのです。

それはまさしく神のみぞ知る領域。

どのような占いをもってしても、ご縁の秘密を知ることは難しいでしょう。

そのくらい人のご縁というものは不思議に満ちているのです。

 

コラムイメージ

 

ご縁の世界とは何をしたからどう、という単純な世界ではなかったりします。

 

例えば、あなたが送った一通のメッセージから2人の関係が始まったように見えたとしても、本当にそれが原因であったかどうかはわかりません。

物事はたった一つの原因で起こるわけではないからです。

他愛ない内容のメッセージの一通が、2人の運命を決定的に変えてしまう…なんていうこともありません。

 

過去、たくさんの悩みについて占いましたが、ほんの些細なことで破局に至るようなケースは皆無と言っても良いでしょう。

ですから「こんなメッセージを送ったら、ダメになってしまうのでは…」なんて怖がらず、大らかな気持ちで恋愛を楽しんでいただけたらと思います。

 

私達の思いを遥かに超えたところで複雑微妙の働きをする神様の紡ぐ運命の糸、それがご縁なのです。

 

 

*ダメかも知れない、その思いがあなたを苦しめる

 

たった一つの行動が2人の関係を狂わせてしまうんじゃないか、この僅かな時間が2人を遠ざけてしまうのではないか…。

 

コラムイメージ

 

先程もお話ししたように、あなたの些細な行動が結果を狂わせることもなければ、ほんの僅かな時間が2人を遠ざける原因になることなどありません。

「ダメかも知れない」という不安が左右するのは運命そのものではなく、普段のあなたの行動です。

不安から、言わなくても良いことを言ってしまう、やらなくても良いことをやってしまう、不要な勘ぐりで相手を傷つけてしまう…。

こういったことが積み重なれば、それは当然の結果として良好な関係を築くことは難しくなりますよね?

一番怖いのはケンカや感情のぶつかり合いなどではありません。

積み重なったものの方がはるかに大きく、変え難いものなのです。

 

心のあり方がどれほど重要なのかを簡潔に教えてくれる名言があります。

 

“心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。“

―William James(哲学者・心理学者)

 

運命は様々な要素が複雑に絡み合って作られるものですが、あなたの行いもその要素のうちの一つ。

そして、あなたも「運命という彫像を刻む彫刻家の一人」だということです。

あなたの行動が全てを決めるわけではなくとも、重要な役割であることは間違いありません。

だからこそ、運命の彫刻家であるあなた自身の心のあり方が大切なのです。

 

せっかくのご縁を不安で塗りつぶしてしまうのは、あまりにももったいないこと。

ダメかも知れない、という思い込みは百害あって一利なし。

 

後ろ向きな思いに支配されている時も辛いものですが、その思いがあなたを望まぬ方向に進ませることになる…

つまり後ろ向きな思いは二重の苦しみなのです。

 

 

*思う幸せ、忘れていませんか?

 

思う幸せこそが恋愛の本質。

手に入れることに執着しすぎてしまうと、恋愛の本当の喜びを味わうことができません。

占いの結果で「恋愛運が上昇中」とあったなら、それは恋愛の喜びを味わう感性が豊かになっているの時期なのだと思っていただくと良いでしょう。

 

コラムイメージ

 

彼を思って幸せを感じられないなら、それはただの所有欲なのかも。

誰かの所有物になりたい人なんて、そう居るものではありませんよね。

所有欲とは、手に入れる、自分のものになることが目的であって、相手の幸せは無関係です。

違う言い方をすれば、それは支配でしかありません。

もし、あなたが支配される立場になるとしたら、幸せを感じられるでしょうか?

 

思う幸せを知っている人こそが本当に恋愛を楽しんでいる人。

 

彼氏欠乏症は恋愛ではなく、病気です。

会えない時間すら幸せに感じられる、それこそが恋愛の素晴らしさなのです。

 

そして、人は幸せそうな人に心惹かれるものです。

誰かを好きになるだけでハッピーになれる人を、キューピッドは放っておきません。

会えても会えなくても幸せでいられる人は、結局のところより幸せなご縁に恵まれることになるでしょう。

これもまた、積み重ねなのです。

 

恋愛をする度に輝いていく、「幸せな恋愛体質」になっていけると良いですね。

 

執筆者 : 水杜シン先生

 

水杜シン先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ