恋愛占い|【運命の出会いと恋愛について】 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

【運命の出会いと恋愛について】

こんにちは、みん占鑑定師の明寿です。
 

「運命の出会いについて教えて欲しい」という占いのご相談も恋愛のお悩みとしては多いと思っています。
「お客様にとっての運命の出会い」と一口に言いましても、お客様の精神的な状態で、後になってから「運命の出会いという意味では間違ってなかった…けれど」と続く運命の出会いになることもあります。

恋愛に絡む出会い、ということで誰もが頭に思い浮かぶのは、

「一生を添い遂げる人と何らかの形で出会い、順調に愛を育む」ということかと思います。
 

できればそうあってほしいと思うのは占い師としての明寿も一緒なのですが、中にはご自分に自信がなかったり、

幼少期の体験から「自分は幸せにはなれない、なってはいけない」や「異性は怖いもの、異性に頼ってはいけない」といった恋愛や異性、

時にはご自分の人生に対して間違った固定観念があった方の場合、本来の意味での「運命の相手」ではなく、

あえてお客様を不幸にしてしまう、お客様の間違った信念体系を強化してしまうような異性と出会い、その方を選んでしまう場合があります。
 

一見、それはとても不幸に見えることではあるのですが、

占いでお調べすると必ずしもそうでもないこともあります。

運命の相手に見せかけてお客様の間違った信念体系を強化する異性と出会い、お付き合いを始めた場合は、

当然お客様が思うような恋愛にはならず、むしろ辛い思いをすることも多いのですが、

苦しい状況を実際に体験する中でご自分の信念体系がお客様を幸せにしないことに気づいて

「もっと自分を大切にすることを考えよう」であったり、「自分は恋愛で苦しむことをやめる」と心から願ってその方と別れ、お客様がご自分の人生を大切に生きることを始めたとしたら、

その方は「お客様自身の価値を高めてくれた、運命の相手」となるわけです。


恋愛としてみた場合には確かに不幸かと思いますが、その後その相手の方と別れたお客様が「自分を幸せにする」という視点で色々と動き、

結果的に本当の意味での運命の相手に巡り合った場合、そのことは単なる不幸ではなく、むしろ「幸せになるための回り道」と言えるでしょうし、

「このような出会いがあったからこそ本当の運命の出会いに導かれた」と思えるのなら、辛いと思っていた過去も意味があって、辛い時間も喜びのひとつに変えていけるのではないかと思います。
 

過去の辛さを喜びに変えられるのは、人間に与えられた特権ではないかと思います。
辛い時に占いでこのことを指摘されたことがきっかけで、幸せになる方向に舵を取る方もいらっしゃいますが、中々理解してもらえず、後になってから気づいてもらえた…ということもありますけどね^_^;

いくら長くなったとは言っても宇宙創生の時間から比べて、人間の一生は本当に短くてはかないものですが、それでも人生は日本だと80年くらいはあります。
人間の目線から見て長い人生の時間を「自分を嫌って生きる」のは辛いものがあるのではないでしょうか?
それよりは「自分を大切にして生きる」方が建設的だし、恋愛に限らず幸せを感じられる人生になるのではないかと思います。


スピリチュアルの世界ではよく言われていることですが、自分を大切にして生きることで、

外の環境に自分の感情が映し出されて、「自分を大切にしてくれる恋人」が出てくるんだそうです。
だとしたら、未来につながる出会いを探している方は、それを上手に利用して今からでも、

「自分を大切にすること、幸せになる考え方を選択すること」を始めてみませんか?
 

望んでいた素敵な出会いだけでなく、自分自身も幸せになれるので、一石二鳥だと思うんです。
利用する方が幸せになること、そのために占いは存在するんですから。

 

 

コラムイメージ
 

執筆者 : 明寿先生

 

明寿先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ