恋愛占い|愛された巻毛のリケ | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

愛された巻毛のリケ

コラムイメージ

こんにちは。百合子です。
今回も、童話から恋愛を学びたいと思います。

今日の童話は、『巻毛のリケ』というお話です。

ある国で、王妃が男の子を産みました。
その男の子はとても醜い赤ん坊でした。
そこに居合わせた仙女は、男の子に贈り物をします。
「この子はとても賢い子に育ちます。そして、賢いだけではなく、自分の望む相手に、知恵を与えることができるようになります」
また、ほかの国で、王妃から女の子がふたり産まれました。
姉はとても美しい女の子でしたが、酷く頭の悪い女の子でした。
妹は、姉よりも美しくありませんでしたが、人よりは聡明な女の子でした。
そこに居合わせた仙女は、姉に贈り物をします。
「この子は美しいけれど、頭が悪いです。ですが、望む相手に美しさを与えることができるようになります」

月日が過ぎ、この姉妹は結婚相手を探すようになりました。
男性たちは、最初こそ美しい姉に寄り付きますが、話すうちに、姉の頭の悪さにあきれて、妹のほうへ行ってしまいます。
姉は悲しみました。
「賢くなりたい。そうなれば、なんでもするのに」

そこへ、巻毛のリケがやってきました。
「わたしは、愛する人に知恵を与えることができます。美しい王女さま、あなたがわたしと結婚してくれるなら、わたしはあなたに知恵を与えましょう」
それを聞いた姉は、なんのためらいもなく、結婚を約束しました。
「一年後、あなたを迎えに来ます。そのときに、結婚をしましょう」
姉の王女さまは、その美しさと知恵で、男性たちを魅了するようになりました。
引く手あまたの状態で、結婚相手を吟味していると、ある日、お城に、巻毛のリケがやってきます。
「王女さま、あの約束から一年が経ちました。さあわたしと結婚をしましょう」
約束をしたとき、王女さまは頭が悪いままでしたから、巻毛のリケとの約束を、すっかり忘れていました。
王女さまは、泣きながらリケに訴えました。
「ごめんなさい、あなたのような容姿のひととは、とても結婚はできないわ」
リケは答えました。
「あなたは、望む相手に美しさを与えることができます。わたしに美しさを与えれば、すべて解決しますよ」
「そうなのね。では、あなたが美しくなりますように」

すると巻毛のリケは、美しい男性になりました。
王女さまは喜び、ふたりは結婚しました。

「なんて現金な王女さまだ」
そう思う人もいると思います。
ですが、考えてみましょう。

本当に、リケは美しくなったのでしょうか?

今、恋愛をしている方もいらっしゃると思いますが、相手の欠点を挙げることができるでしょうか。
「こんなところもあるけれど、世界一かっこいい!」
「他人から見たら可愛くないだろうけれども、自分にとっては世界一かわいい!」

こんな方も、いらっしゃるのではないでしょうか?
もしかすると、王女さまも、リケを愛したから、【王女さまにとって】世界一かっこいい相手になったのではないでしょうか。

こんなふうに、相手の欠点も愛することのできる恋愛は、とてもしあわせなものです。
だからわたしは、こう言いたいです。
「世界一の相手と、いっしょになるべきです」
世界一かっこいいなんて、アイドルや芸能人に敵うわけがない。そう思う方も、いらっしゃるかと思います。ですが、欠点も愛することができるようになれば、恋愛の相手は、世界一の相手になります。
どうでしょう。そうすることができれば、世界一、しあわせになれると思いませんか?

ですがこれは、盲目になる、という意味ではありません。
「このひとにはこんな欠点もあるけれど、わたしはしあわせなの」
そう思い込むことは、すこし違います。
「ああ、この人は世界一だなあ」と、自然に胸に浮かぶ。
これが、しあわせな恋愛の証拠です。

そのような相手を見つけることは、困難かと思います。
その相手に好かれることは、もっと困難です。
このふたつを呼び寄せるのが、占いです。
占いのちからで、この困難を乗り越えて、しあわせになってください。
わたしの占いが必要なときは、お力になります。

みなさんが、しあわせになることを、お祈りいたします。

執筆者 : 百合子先生

百合子先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ