恋愛占い|【失恋は祭りですよ。】 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

【失恋は祭りですよ。】

こんにちは。みん占鑑定師の蒼海です。
 

「失恋は祭りですよ。」
 

悩んでいる人を目の前にして何て不謹慎なのでしょう。
でも、これは実際に私が対面占いでお伝えした言葉です。


1年前に彼女にフラれた後、ずっと立ち直れない・・・・

と落ち込まれてた相談者の彼も、「えっ?!」って目が点になっていました。

そりゃそうですよね。

言った私も「わ!余計なこと言ったわ!」って慌てました(笑)

でも、出てしまった言葉は引っ込められない。

並んだカードを見て自然と出てきた言葉だったんです。
 

怒られるかなぁ・・・・・と思ったのですが、

彼は「あぁ、そう言われればそうかも!」と何故か腑に落ちていたようで。

そこからどんどん表情が明るくなっていって、

どうすれば今の失恋状態をもっと楽しめるかを真剣に考え始めていました。

今回はその彼が失恋祭を盛り上げる為に行ったことを具体的に挙げていきます。
(個人特定を避ける為にちょっとフェイクを入れています)


◆失恋を題材にした音楽や映画に触れまくる


とにかく、失恋ソングを聞きまくります。

彼の場合は「失恋ベスト」というCDを作成したそうです。

それを毎日ヘビロテです。

そして、古今東西の別れを題材にした映画を休みの度に観賞。

片思いからの失恋、心中、死別、蒸発・・・・

失恋の種類も様々で、半年で100本近くの映画を観たそうです。

ただし、彼女との思い出の曲や映画は入れないようにされていたとおっしゃっていました。

あくまでも祭りであり、個人レベルで感傷に浸ってはならないというルールだったそうです。


◆黒い服を着る


失恋祭りのユニフォームは黒い服。

下着から全て黒を纏うことにされたとのこと。
失恋祭り実施中にお会いした彼は、

上下黒の服に、黒い靴、黒いバッグを持って登場しました。

帽子を取った彼の髪の毛が金髪から真っ黒になっていたことも印象的でした。


◆弱音を吐く


友達にフラれたことをなかなか言い出せなかった彼ですが、

失恋祭りをきっかけに友達の前で

彼女にカッコ悪くフラれたことを泣きながら告白されたそうです。

そして、自分がいかに辛いかを長々と語る・・・・。

友達にしたらいい迷惑だったかもしれませんが、

友達に弱い姿を見せるのも祭りの醍醐味ということで、思う存分弱音を吐き、

カラオケではとんねるずの「情けねぇ」を熱唱されたそうです。


◆下を向いて歩く


背中を丸め、暗い表情で力なく歩かれていました。悲壮感がハンパではなかったです。
なるべくゆっくりと、トボトボ歩くことを心掛けられていました。



◆雨に降られる


失恋祭りのクライマックスです。

雨の日に傘を持たず、雨に降られるがままになる。
失恋したーーーー!!!っていう実感が最大になる瞬間です。
近所の公園でGLAYのTERUさんのように、両手を広げて雨を受け止められたそうです。



彼の失恋祭りは約半年続きました。

 

最初は元彼女のことを思い出しては、毎日本当に泣いていたそうですが、

だんだんと失恋に浸る自分が気持ちよくなっていき、

友達の同情にもしっかりと甘えて自分は一人ではないと勇気付けられた。

 

多くの映画を観て、世の中には色々な人生があるのだと納得して、

失恋ソングを集める内に音楽の幅が広がった。

 

だんだんと祭りを実行することに集中するようになり、

彼女の事を思い出すことが少なくなっていったそうです。

 

気が付けば、雨がザーザー降る公園で

自分に酔いまくっている状態を笑えるようになって・・・・・

その次の日に風邪を引いて、祭りは終了。

下を向いて歩くのも疲れたーと笑っていました。

祭りの終了後、彼は友達から紹介された新しい女性とお付き合いを始めました。
友達が

「あんなに落ち込んでいるなら、誰かを紹介しないと本当にヤバい!」

と心配して動いてくれたのです。

恋愛での問題に限らず、

寂しさや不安や悲しみって

正面から向き合うのって怖いですよね。
 

だから嫌だなー嫌いだなーって思いながら

自分の中で消化するのをじっと待ってしまうんです。
 

でもこの彼のように、ちょっと視点を変えて

それらの感情と一度真っ正面から向き合ってみる。

何ならこちらから攻め込んでみる。

感情に流されるのではなく、自分で感情を操る。
 

押してダメなら引いてみな・・・・ではありませんが、

関わり方をちょっと変えてみると意外な発見があるものです。

今落ち込んでいるあなたも、失恋祭りに参加してみませんか?


 

コラムイメージ
 

執筆者 : 蒼海先生

 

蒼海先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ