恋愛占い|「言葉で伝えることの大切さ」 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

「言葉で伝えることの大切さ」

こんにちは。いつもたくさんのご依頼ありがとうございます。

みん占鑑定士の叶子です。

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、世の中はすっかりバレンタイン一色ですね。
恋愛中の方はもちろん、最近では友チョコを渡したりもするようですね。

娘さんをお持ちの知り合いのお母さまは、それはたくさんの友チョコを配るそうで、

毎年娘さんのお菓子作りに付き合ってらっしゃるそうです。

 

バレンタインとは、そもそもどういった経緯があるのでしょう?

バレンタインは、元々は人の名前からきているんだそうですよ。

 

3世紀にローマで殉教したキリスト教の聖人の名前なのだそうですよ。

ローマでは、2月14日に聖バレンタインを祭る行事が行われていたそうなのですが、

これがキリスト教によって見直され、バラやメッセージカードを互いに贈りあうという内容になったのだそうです。

 

それがイギリスのチョコレート会社が、ギフト用のチョコレートを製造したのに合わせ、

バレンタインにチョコレートを贈るという習慣が、次第に広まっていったのだそうです。

 

てっきり日本特有のものだと思っていましたが、意外ですね。

占いもやはりこの時期は、恋愛のご相談が一段と増える気がします。

 

女性が男性にチョコレートを贈る…私自身は、子供の頃から毎年実に苦手な行事でした。

好きな男の子にチョコレートをあげるなんて、とてもじゃないけれど恥ずかしいと思っていました。

 

そんな私が今占い師になっているなんて人生分からないものです。

 

さて、恋愛をする上で本当に大事だなと思うことがあるのですが…

 

それは、言葉です。

 

恋愛に限らず友人関係や家族間でも言えることですが、

ご自分の気持ちを言葉で伝えることは、とても大切です。

 

占いでのご相談でもよくありますが

相手の気持ちが分からない

といった内容や

自分はこう思っているのに相手は○○してくれない

といったご相談。

 

特に後者の場合、まずご自分の思っていることや気持ちが、

相手に伝わっていないことがとても多いのです。

 

言葉で伝えて相手に伝わっていない場合もありますが、

相手に分かってほしい、察してほしいと思うあまり

実はきちんと伝えていないこともあります。

 

もうひとつSNSで起こりやすいのですが、メールの返信がないとか、LINEでの既読スルー。

 

SNSはとても便利ですし私自身もとてもお世話になっていますが、厄介な部分もあります。

 

返信がなく、不安になる…

でも実際は単純に相手が仕事だったとか、寝ていたとか。

何でもないという場合も、多いのですね。

 

文字で思いを伝えることも、便利ですし、早く済みます。

たいしたことのない用件ならばそれもアリでしょう。

 

ですが大切なことなら話は違ってきます。

恋愛でも大切なことは、やはり直接伝えたいですね。

 

もしもあなたなら、大好きな彼からのプロポーズをLINEで聞きたいですか?

一生に一度かもしれない大切な話は、やはり直接聞きたいと感じるのではないでしょうか?

 

占いでもSNSがもたらす不安は、よく見聞きします。

 

LINEでの別れ話などもお聞きしますが、何よりお互いの顔の表情もわかりませんよね。

 

表情やしぐさなどを見ると相手の反応も分かりますし、気持ちも分かったりしますね。

それは相手の反応が、自分自身にダイレクトに伝わるからです。

 

ところがSNS等ではそれがありません。

それが、不安に陥りやすい原因でもあります。

 

言葉で自分の気持ちを伝えることが苦手なひとも多いかもしれませんね。

占い鑑定でも感じることがありますが、実はご自分の思いを

とても心に秘めてらっしゃるんだろうという方は、とても多い気がします。

 

ご自分の思いを伝えるということは、

決してわがままではありません。

 

むしろ伝えることで、スムーズに事が進むことのほうが多いのです。

 

上手くバレンタインを利用してみてはいかがでしょう?
 

 

 

コラムイメージ

執筆者 : ようこ先生

ようこ先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ