恋愛占い|「別れる時の流儀」 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

「別れる時の流儀」

皆さま、こんにちは。

いつもたくさんのご依頼ありがとうございます。

みん占鑑定士の叶子です。

もうすぐ春ですね。

出会いと別れの季節です。

春からは新天地で、新しい出発をされる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
春は他の季節や時期に比べると、劇的な別れがとても多いんだそうです。

恋愛においてもそれは例外ではありません。
辛い別れを経験された方もきっといらっしゃると思います。

そこでお別れする時の流儀についてお話したいと思います。

今回は【ご自分がお別れの話を切り出す側】のお話をしますね。

まず大事なことは、ウソは言わないことです。

別れようというお話をするということは、それなりの理由があるはずです。
例えば他に好きな人ができた、遠距離になってしまう、とかですね。

他に好きな人ができたというような理由の場合、正直言いにくいですね。
間違いなく相手を傷つけますし、

自分てなんてひどい奴なんだろうと、実感せざるを得ないですから。

占いにおいてはそれがいい悪いということは、全く関係なく鑑定します。

ですが当事者としては、罪悪感だったり迷いだったり…様々な思いがめぐるものです。
ですがウソを言う必要は、ありません。

後になって実は○○でしたとか、何かがきっかけで相手に分かってしまうことほど、後味の悪いことはありません。
今の時代は増えているのかもしれませんが、メールやLINEなどで簡単に別れ話ってできてしまうんですね。

占い師をしていると本当に多いです。

例えば別れるという話ではなくても、プロポーズだったり、その他の大事なことを話す時。
距離が遠いのならまだ理解できますが、なるべくなら相手の顔を見て伝えたいものです。

私自身の恋愛での経験で、別れ話をメールでされたことがありました。

正直言って本当に気分が悪かったですね。

今まで過ごしてきたこの数年間は、いったい何だったんだ?
少なくとも好きだと思って恋愛をしていたのに、、、。

そんな色々な思いが一気に交錯して、涙があふれました。

ただ私の場合は、そのことがあったあと、占いの道へ進むことになり、この経験がお蔭さまで役に立っています。

恋愛をする上で、別れがあるのは致し方ないことです。

そんなつもりがなくても、他に好きな人ができてしまうこともあります。

その気持ちをグッと押し殺して、我慢しながら恋人といるのは、優しさでも何でもありません。
正直に話をして、相手がどういう反応をするだろう…など、色々なことを考えていると、言えない…。

優しいのではなくずるいのですね。

恋愛というのは、いい意味でも悪い意味でも、私達の生きる糧になります。
誰もが知っているような歴史上の出来事や事件なども、恋愛が絡んでいることはとても多いです。

ひとつの国の行く末さえも変わってしまうことさえあるのですから、スゴイですね。

いつの時代も変わらないのは、

人が人を好きになりそれが人類の命をつないでいるということ。

恋愛にマニュアルはありません。

だからこそ、占いは欠かせないもののひとつになっているのかもしれません。

別れる時、それは相手に、最後に「今までありがとう」を伝えるチャンスでもあります。

そんな時こそその人の本性が垣間見えるのです。
きちんと相手にお話するということは、相手に対する、誠意です。

自分自身を守ることは、もちろん大事です。

相手に正直にお話することで、相手を傷つけることは避けられないかもしれません。

ただ、それは一時的なものに過ぎないのです。

人は何度でも立ち上がることが出来るからです。

占いはそのことを知っています。

人は何度でも人を好きになるのです。

「好き」という気持ちは、私達の生きる力になるのです。

 

コラムイメージ
 

執筆者 : ようこ先生

 

ようこ先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ