恋愛占い|【出会い運と行動を合わせていこう】 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

【出会い運と行動を合わせていこう】

みん占鑑定士のそら乃愛真です。


新生活、すべり出しはどうでしょうか?

新しい生活環境、人間関係、勉強、仕事、めまぐるしく変わっている方も多いかもしれませんね。
知らず知らずに疲れがたまっていく時期でもありますね。


うまく乗り切っていかれますように。


さて、今回は

あなたの出会い運と行動について。


恋愛、新しい出会いはいつできる?結婚できる?というお悩みは多く頂きます。
 

これって、悩ましいテーマなのです。
なぜなら、占いでわかるご本人の「出会い運」と、

縁をつなげるよう努力する「行動」「考え方」両方がかみ合っていないと、

うまく出会えないし、その後の関係もつながらないからなんです。

アドバイスするときは、その両方のバランスが取れるように気をつけていますよ。

 

まず、出会い運、運勢の部分について。
 

人の運気は、本当に人それぞれです。
早くから活躍できるのか、遅咲きなのか?

また細かく見ていくと、今は準備の時期か、修行の時期か、収穫期を経て、変革期なのか。
 

ホロスコープのプログレスの月(体内時計のようなものと考えてくださいね)では、

自分が今、どんな時期なのかを知ることができます。

それに加えて、現在未来の天空図からも見ます。
さらに自分は今、自分の金星のサインについて取り組む時期なのか、

太陽のサインなのか、という年齢域もあります。


ですから今は、恋愛やパートナー探しの時期ではなく、

学業、仕事、キャリア形成など、

自分の一生のテーマに真っ向から取り組むべきとき!というときもありますし、

社会での活動はいったんお休みし、

まず自分の家庭という基盤を作って、お子さんやダンナ様のサポートをする時期、

というときもあるのです。

しかも、周りと自分が同じとは限りません。

「この年でも、間に合いますか?」ときかれることもありますが、

人間も生物ですので、出産だけは厳しいです。

 

でも、それ以外はほとんど間に合います。

 

女性は男性とは別の意味で、何度でも人生復活可能だと考えます。
それは、めくるめくバイオリズムのおかげ、

決して一定でない「月のもの」や、そのホルモンのせいかもしれません。

 

なぜなら

女性は毎月、生まれ変わる性なのですから。

 

だから、毎日、今日、自分の「今」が一番だと思えるように、

そんな人生を作っていきましょうね☆彡

 

そう、運勢に加えて大切なのが、このご自身の考え方行動なのです。

 

恋愛に限らず、

人生で成功している人の

基本は何だと思いますか?


まず、だまされたと思ってやってみる、行動することなんです!
 

しばらくやってみて、うまくいかなければやめればいいのです。
行動してみたら、必ずなんらかの結果が出たり、変わっているはずなんです。

 

前回書きました、男性運と出会い運の活性方法、お試しいただけましたか?
先生方からの占いのアドバイス、受けた後、行動していますか?

 

「えー」「でも」「だって」「どうせ私なんか」

と思うあなたはプライドが高いのでしょうね。

何もしないでいれば、失敗しないし、あなたのプライドも気持ちも傷つきません。

でも、、、

あなたの人生は何も変わりません。

 

出会いや良い縁を引き寄せるには、素直に行動してみる、やってみること。

そして、謙虚になって、自分にもそして人にも、本心でいること・・・

そうやって、だんだんあなたが人生に真摯に向かい合って、

実際に行動し変わってくると、人生の出会いが変わってきます。

そう、人生は何事も積み重ねですから、

類は友を呼び、縁が広がっていくわけなのです。


この世に生まれた時から人生は、人と人との縁でできていますよね。
 

もちろん親・兄弟など、自分の意思ではどうしようもない縁もあると思います。

最初は素晴らしく良く思えたのに、

人生において、災難でしかなかった縁、思い出したくもないつらい縁もあるでしょう。

 

それでも、、、

ムダだったり、意味のない人間関係などありません。
 

「人の振り見て我が振り直せ」とも言いますね。
つらかったご縁から、何か見えてきたり、自分が強くなれたり、学べたこともあるはず。

 

そして、あなたが変わっていけば、これから縁ある人たちも変わってきますよ?

だから、幸せをつかむためにも、心を開いて、行動し、

そして、決めつけず、あらゆる可能性に目を配っていてくださいね。

良い縁をつかむ方法を知りたい方、

どう行動していったらいいか知りたい方は、占いをどんどん利用してくださいね。
 

 

コラムイメージ
 

執筆者 : そら乃愛真先生

 

そら乃愛真先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ