恋愛占い|<恋に効くおまじない> | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

<恋に効くおまじない>

こんにちは。みん占鑑定師の水真です。

 

もうすぐ七夕ですね☆

七夕は『たなばた』と言われる古くから行われている日本のお祭りごとで

1年間の重要な節句をあらわす五節句の1つです。

七夕のお話は、皆さんもご存知の通りです。
風習としては、平安時代にはすでに中国から伝わって、

宮中行事として親しまれてきました。

サトイモの葉に溜まった夜露を
『天の川のしずく』 として墨を溶かし

梶の葉に和歌をかいて願い事をしたそうです。
 

この風習が江戸時代には庶民に広まり、

笹の葉に短冊を書いて願いごとをするようになりました。

もうすぐ七夕なので七夕にちなんだ、お願いを叶える短冊を書いてみませんか♪

もちろん恋愛に向けてです!


願い事はとにかく“具体的に書く” 曖昧な表現はしないように!
短冊に必ず名前を書く ※気になる人の名前はイニシャルや下の名前でもOK
屋内に笹を飾るならば、”東南や南方が吉“ 
なるべくならベランダや庭に! 笹がない場合は願い事を書いた短冊を神棚においてもOK


ポイント
・おまじないは1人で行う
・他の人に知られない様にする
・おまじないはポジティブな気持ちで行う



短冊のは?なに色が良いの?と思われるでしょう。
そんな時は、5色セットの色でも良いですし、ご自宅にある色紙でも大丈夫ですよ。
この5色って、あの七夕の歌にも『五色(ごしき)の短冊』♬♫♩~
と歌詞にもある正式なものです。

色について少し触れさせていただきますね。


☆青色

木々の緑を表すもの。

人間的魅力の向上。周囲への感謝の思い、愛など。

☆赤色

炎の色を表すもの。
両親や先祖をなどへの感謝の思いなど。


☆黄色

大地を表すもの。人間関係。
例 『心から信頼しあえる友達ができます様に』など。


☆白色

大地に埋まる金属などを表すもの。決心。
例『ダイエットできます様に』など。


☆紫色

命を育むもの。学業での大成、知識など。


♡恋や愛の願いが成就する短冊の色は『青色』と言われています。♡

このように1つの願いごとを、要素ごと(短冊の色ごと)に分解して書くと、

願いの具体化の作業にもなります。
普段であれば憧れているだけの願いを、

このように要素ごとに分解することでリアリティを生じさせる効果もあります。
リアリティを感じると、潜在意識も働きやすくなるので、願い事を叶える力がさらに高まります。

もしここで可能ならば、サトイモの葉にたまった雫を使う方法があります。 
 

用意するものは、サトイモの葉についていた雫、墨、すずり、短冊です。
サトイモの雫で墨をすり、その墨で短冊に願いを書く 。


これは、七夕にしか効かない昔(平安時代) から知られている方法です。

さらに

もし可能ならば…
 

七夕の日、朝から夜寝るまでに、同じことを7回繰り返すと願いが叶う
七夕の短冊は、6日の夕方から7日の夜までしか飾らない
洗面器などに水をはり、星を映します。その時、彦星と織姫の星座が映っていたら両思い。 

この短冊を片付ける方法ですが、笹を燃やす地域や、

川などに流して願望成就の祈願をする地域もあるそうです。
一般的には、普通に笹も飾りも分別して処分になりますが、

願いごとを書いた短冊は、白い半紙などに包んで捨てられてはいかがでしょう。

神社などで炊き上げをされるところもありますので、調べてみるのも良いかと思います。

 

七夕というのは特別な日。
願い事を叶うとされる日は、有名なところだと七夕ぐらいです!
七夕の日に願うのも願わないのも自由です。
ですが、せっかくなら!恋を願ってみてはいかがでしょうか♡

目標を具体的に文字にすることで、

どう行動するべきかがわかるのは良い効果だと思いませんか?
もし七夕で願いごとをするなら、おまじないを試してみてはいかがでしょう 。

 

 

コラムイメージ
 

執筆者 : 水真先生

 

水真先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ