恋愛占い|『いけない恋?不倫について』 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

『いけない恋?不倫について』

こんにちは。

みん占鑑定士の日向美雀です。


前回は恋愛相談で多い題材をとりあげましたが、

今回も恋愛相談の中で多い相談内容を取り上げていきたいと思います。


実は『不倫』の相談も多かったりします。

 

不倫を題材にしたドラマや映画が話題になりましたが、

そんなにしている人はいるのかと鑑定士になる前は思っていましたが、

している人は思ったよりも多いのだと思いました。

 

そして悩まれている人もたくさんいるのだなと感じます。

誰にも話せないことだからでしょうか。

相談したら「やめた方がいい」と止められたり

「そんなことして!」なんて注意されたりしそうですもんね。

さて、そんな不倫を表すタロットカードがあるのです。
 

それは『悪魔』カードなのです。
 

実際に鑑定した際にこのカードが出てきて

「これ、不倫を表すカードなんですけど…もしかして、不倫されてました?」

と依頼主さんに聞くと「はい」と返ってくることが多いです。

実はこの悪魔のカードに記されている二人は、

前回書いた恋人のカードの時のアダムとエバなのです。
 

ライダーウェイト版の恋人のカードは、

ウェイト博士が書いた「The Pictorial Key to the Tarot」の中で、

「人間愛を表す」と説明しているように、「愛」がテーマなのです。


「The figures suggest youth, virginity, 

innocence and love before it is contaminated by gross material desire.」
訳)それは物質的な欲望によって汚染される前の若者、処女、無邪気さと愛を示唆しています。

つまりこの悪魔のカードは、

ヘビにそそのかされて欲望のまま実を食べてしまった2人姿を描いているのです。
 

アダムのしっぽは十二宮の生命の木となっており、

イヴは知恵の木の実が尾っぽになっています。


この二人は生命の木と、知恵の木を言いつけを守らず食べてしまったことから

悪魔になってしまったのではないかと思います。


そしてこの二人の首には、首輪と鎖が繋がっております。

この鎖は「自分で外せるはずなのに、外さないでいる

つまり「自ら良くない方向へ落ちようとしていく」と解釈できるのです。

その辺りが不倫を表しているのです。

(前回の恋人の時も書きましたが、悪魔のカードには他の意味もありますので

この意味はそういう意味もあるんだぐらいに捉えておいてくださいね。

占い師さんによっては異なる読み方をする方もいらっしゃいます)


さて不倫は、道徳的に法律としてとか色々とタブーなところはあると思います。

だから占わないという鑑定士さんもいると思います。

 

ちなみに私は占います。

そもそも、思うことを止められるものなら止めていると思います。

いけないことであるという認識もあって、でも悩んで苦しんで辛くてどうしようもないから、

私に相談してきているんじゃないのかと思います。
 

悩んでいなければ、そもそも私に相談してこないのではないでしょうか。
世間的にはアウトだったとしても、その恋心自体には罪はないと思います。

 

私はなのでお話を聞いたうえで、占っていきたいと思っています。

誰にも話せなくて辛い思いをされるくらいなら、

私に話して少しでも気持ちが晴れたらいいなと思います。

一緒にこれからのことを考えていきましょうね。

ただ1つだけ頭においておいてほしいのは、

不倫をするということは必ず悲しむ人がでてきてしまうことのなのです。
 

でもそれは他の恋愛でもいえることなのですが、

不倫の場合は確実に悲しむ方がでてきます。

 

禁断という普通の恋よりも刺激的な分、

感覚がマヒして忘れてしまいそうになりますが、

どうかそのことだけは忘れずにいてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました。
それではまた来週、日向美雀でした。

 

コラムイメージ
 

執筆者 : 日向美雀先生

 

日向美雀先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ