恋愛占い|「新しい恋の始まり」 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

「新しい恋の始まり」

こんにちは。みん占鑑定士の日向美雀です。


前々回は「恋人」前回は「悪魔」と、タロットカードについて語りましたが、

今回もとあるタロットカードについて語りたいと思います。
 

メインの占術がタロットカードなので、

どうしてもタロットカードについて語りたくなってしまうんですよね。

今回取り上げるカードは「死神」です。

 

これは有名なカードなので知っている方も多いと思います。
実際に鑑定した際に、このカードが出てきて

「いやだー。死神が出た」とがっかりする依頼主さんが多いのですが、

実はこのカード見た目とは違っていいカードでもあるんです。


見た目のインパクトが強いですし、死神というワードが不吉な感じがしますので

マイナスイメージを持ちがちですけどね。


確かにタロットの中で、直接的に「死」を取り扱うカードはこのカードのみですし、

死を連想させるカードであることから、伝統的に「不吉」とされている部分もあります。
 

でも私は、

そんな悪い意味じゃないんだよ!

と声を大にしていいたいのです(笑)

まず、ウェイト版タロットの死神には何が描かれているのか、書いていきたいと思います。


☆死神について


このカードに書かれている、描かれている死神は、伝統的な図柄から大胆に改変されていますが、

これはウェイトの独創ではなく、15世紀のジャックマン・グランゴヌール版の死神は、

鎌ではなく軍旗を手にし、馬に乗って、

死神が行く先々で人々の魂を刈り取る「死の行軍」の様子が描かれ、

疫病の流行を連想させる図となっております。

 

ウェイト版ではこの構図を採用し、さらに甲冑を着せて、

ヨハネの黙示録に登場する「第四の騎士」としています。

またカード番号である「13」は、キリスト教の影響から特に西洋で不吉な数字とされています。

この説明だけ聞くと、やはり不吉なカードではないかと思いますよね。

 

でもよく見てください。


死神の後ろには太陽が昇っていて、光が見えるのです。

 

象徴的に太陽は、朝を告げて、光を与えるなどのプラスの要素持ちます。
朝が来るということは、一日が始まるということでもありますよね。

そのことから「一度死んで、新しく始まる」という

再スタートの意味を示していると私はこのカードをよんでいます。

 

もちろん、このカードには終わり等の意味もあります。

しかし終わりがあるということは、始まりがあるということなのではないかと思います。

 

(毎回書いてますが、死神のカードには他の意味もありますので、

そういう意味もあるんだぐらいに捉えておいてくださいね。

占い師さんによっては異なる読み方をする方もいらっしゃいます)


恋愛もそうだと私は思います。

 

終わりがやがてやってくる恋もあることでしょう。

終わりを望んでいなくても、終わってしまうこともあると思います。

終わりが来たから次へ…!とサッと気持ちを切り替えて

新しい恋を見つけらればいいのですが、そうではない方もいると思います。

 

私はちなみ後者です。

終わりが来てほしくないと願ってしまいますし、

新しい恋に目を向けられずに悩んでしまう性質だと思っております。
 

ですがいつまでも、過去を思って踏み出さずにいたら何も変わりません。

過去は1つしかなくてその過去を変えられることはできません。

 

でも未来は無数にあって、

その中には素敵な未来もあるのです。

 

その未来に目を向けないなんて、なんだかもったいないな…なんて思いませんか?
もちろん新しい恋を始めるのには、たくさんの勇気やエネルギーが必要ですから、

そんなすぐに動き出せないことだと思います。

 

そんな時は私に声をかけてください。

 

新しい恋を始めるためにはどうしたらいいのかを占っていきたいと思います。

新しい恋がはじめられるようにサポートさせてくださいね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。


それではまた来週、日向美雀でした。
 

 

コラムイメージ
 

執筆者 : 日向美雀先生

 

日向美雀先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ