恋愛占い|お金にだらしない人は異性にだらしない?!【恋愛とお金の奇妙な関連性】 | みんなのONLINE占い

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みんなのONLINE占い
PAGETOP

恋愛占い|お金にだらしない人は異性にだらしない?!【恋愛とお金の奇妙な関連性】

こんにちは、あるちゃんです。

よく「お金にだらしない人は異性にだらしない」と言われていますが…
確かに占いのご相談でも、そういう傾向は見えてくるところはあります。

お金と恋愛という一見全く異なるこの2つの事柄に、どのような関係性があるのでしょうか?

恋愛コラムのラストは、【お金と恋愛との奇妙な関連性について】お話したいと思います。


コラムイメージ

単純な問題として、お金離れの良い男性とお洒落な女性は、異性に人気がありますが、よく考えてみると…

「お金にだらしない人は異性にだらしない」という話をよくよく考えてみると、 ものすごく単純な話として、恋愛に関するお付き合い、つまり異性関係のお付き合いが多くなると出費も増えるのですよね。

実は異性に限らず、恋愛も絡まない同性の交友関係が増えても出費は増えますが^_^;
また、お金離れの良い男性とお洒落な女性は異性から人気があります。

女性は妊娠・出産という特性上、自分と子どもを守ってくれる強い男性の庇護下に入りたい(=結婚)という傾向が強いのですが、お金離れの良い男性は女性にしてみたら「お金という武器で自分のことを守ってくれる強い男性」と認識されることが多くなるので、当然モテるわけです。

お洒落な女性は華がありますから、男性としては一緒に連れて歩くことで
「こんな素敵な女性を落とせる自分はすごいんだ」という気持ちを満たしてくれるところがあるのです。

…このような理由から、お金離れの良い男性とお洒落な女性は、異性から人気があるのですが…


よくよく考えてみますと、特に若い時期の同年代で、例外はいくつかはありますが、 正社員で働いている人の給料が大きく差がある、ということはあまりないんですよね。

ということは、
「ただでさえ出費がかさむ異性関係で、モテる傾向が強いお金離れが良い男性はそれだけ浪費も多いし、お洒落な女性はそれだけお化粧や衣服にお金を注ぎこんでいる=そうでない異性よりお金を使うことが多い=貯蓄が少ない」
という可能性が高くなってしまうのです。

お金離れの良さとお洒落さに惹きつけられたは良いものの、いざその方をよく知ると
「人とのお付き合いやお洒落に重点を置いて、将来のことを現時点であまり重要視していなくて(簡単に言うと貯金が少なくて)ガッカリ」
…というところが「異性にだらしない人は金銭もだらしなく見える」のかもしれません。



恋愛と金銭に共通するテーマは「欲望」…タロットカード14番のタイトルは節制なのですが…

占いを通して「金銭にだらしない人は異性にだらしない」点から男女関係をよく見て思うのは…「欲望」なのではないかと思います。

人間の3大欲求と言えば「食欲」「睡眠欲」「性欲」ですが、
男女関係や、だらしない恋愛で出てくる欲望といえばもちろん「性欲」になりますね^_^;

また、金銭と関係の強い欲望といえば、3大欲求とは違いますが「物欲」が該当されるのではと思います。

この「欲望」を抑える力が弱い人は、何かが欲しくなったら借金してでも買ってしまうだろうし、恋愛でも、自分に特定の相手がいたとしても別の異性にアプローチをかけることが出来てしまえるのではないかと思います。

その点では「金銭にだらしない人は異性にもだらしない」というのは、 あながち間違っているわけではないと思います。


占いでよく使用されるタロットカードの「節制」というカードは、欲望や誘惑を意味する「悪魔」のカードの前に出てきます。

さらにその「欲望」という感情をよくよく見ていると、物欲や色欲といった欲望に振り回されている人は、欲望そのものよりも、「自分自身の中身が空虚だから、物や異性といった外的なもので自分自身の空虚さを埋めたいという願望が隠されているのではないか?」と思うことがあります。

たくさんのモノを持っているのならそれだけで人の注目を集められますし、何より自分自身が満足しますし、たくさんの異性にモテるなら、それもそれで人の目を集められますし…
「モテるから良いんだ」と自分自身の内面を見る時間を減らすことができます。

たくさんの物を持つこと、モテることは共に、いつの時代でも推奨される分野の話になるのではないかと思います。

自分自身の内面を見たくないがために性欲や物欲に走っても構わないと思いますが、そういった気持ちがベースにあって性欲や物欲に走ると、大抵エスカレートして歯止めが利かなくなることが多いものです。

そうなってしまう前に、金銭にも異性にも節度を持った行動をしていきたいものですね。



執筆者 : あるちゃん先生

あるちゃん先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ