恋愛占い|恋愛で大切な待つ力 | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛で大切な待つ力

こんにちは、夏海千八です。
いつも鑑定依頼のメッセージをいただきありがとうございます(^^)

コラムイメージ

今月4週目の恋愛のお話です。

恋愛中は、不安や焦りがつきものですよね。
どこまでもとことん冷静に恋愛をすることなど、どんなに偉い人でも難しいのではないでしょうか…。
しかしそれでも、不安や焦りを乗り越えながら「待つこと」が、恋愛ではとても大切だと感じます。
占いをしていても、いつも痛感することです。
不安になるのは本当に仕方がありません、それもひとつの自然な感情だからです。
しかし焦りはいろいろなタイミングを間違えやすくします。
小さなきっかけから、告白、デートのお誘いなど、そういった行動における判断を鈍らせてしまうのです。

不安や焦りを乗り越えて待つ…と先ほど表現しましたが、
「乗り越える」といっても、消し去ろうと頑張ったりやっつけたりするのとは違います。
むしろ優しく受け止めるのです。
受け止めるという方法で乗り越えていきます。
受け止め方はとても様々で、占いで解決できることもあればできないこともありますが、解消・解決できることは多いです。
占いで今と少し先の運気をみて、今後の暗示を知るだけでも、現実を安心しながら受け止めることへの手助けになります。

先ほど、焦りはタイミングを間違えやすくする、判断を鈍らせる、とお伝えしました。
そこでできることは、「待つ」ことなのです。
「待つ」時にも、占いはそっと手助けをしてくれます。
もともと恋愛だけに限らず待つことが苦手な方もたくさんいらっしゃると思います。
私も以前はとても苦手でしたが、今はずいぶん解消されてきています。
待つことが得意とまではいきませんが、少なくとも心は穏やかな状態で待っていられます。
これは、普段の考え方=思考がとても左右しますが、ひとつの「力(能力)」だと思います。
鍛えれば育つ、という意味の力です。
待つ力が、恋愛ではとても大切です。
きちんと待っていると、良いタイミングは必ずやってきます。
判断しようと身構えていなくても良いタイミングに必ず気付くことができます。
貴女の望み通り、もしくは望みにとても近い形でやってきてくれます。

「きちんと待つ」ということの意味は、待っている時の心の状態が整っていることです。
心が不安定で、暗い気持ちや疑心暗鬼になっていても、良いタイミング、良い結果は訪れにくくなります。
まれに訪れるケースもあるのですが、それは上手い具合に無自覚で「手放せている」時だといえます。
しかしそれは奇跡のようなもの。一か八かの結果なので、頼りにするのはやめておきましょう。

それよりも、心の状態を整えて待つことが基本的であり、ベストです。
それでもやはり不安な気持ちというのは自然な感情のひとつなので、時には出てきてしまいますよね。
不安な気持ちが出てきてもきちんと受け止めることができるのは、心の状態がそれを受け止めるだけの余力があるから、ともいえます。

そして心の状態を整えておくのに良い方法はいくつかありまして、まず挙げられるのが「自分のことが好きであること」、次に「自分を信じられること」です。
自分のことが好きであることと信じられる・信頼できることは似ているようで実質的に異なり、どちらかが欠けていると途端に心の状態を整えることが難しくなります。
このどちらも大切で必要なことなのです。
だからといってこの2つは、そうやすやすとできないケースがあることも承知しています。
かつては私もそういう時がありましたし、恋愛占いでも感じることが多いです。
欠けてしまった時に、一人でなんとかしようと思ってなんとかすることもできるのですが、ぜひそんな時には一人で悩まずメッセージを求めてください。

待つということは、自分を信じて委ねる、という表現もできます。
待つ、そして委ねている時が一番、心の状態が整っており、受け取れる状態なんですね。

執筆者 : 夏海千八先生

夏海千八先生のプロフィールを見る

コメント
投稿者名

口コミ