恋愛週間占い|血液型占い(5月25日~5月31日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|血液型占い(5月25日~5月日)

コラムイメージ

みなさん、こんにちは☆

日差しも段々強くなり、気候が初夏へ向かっていくのを感じる毎日ですね。
それでは今週も楽しく過ごせるよう、運気の流れをチェックしていきましょう!

あなたの血液型を入力してください。

☆*A型*☆

パートナーがいる方にとっては、ロマンチックな雰囲気を演出することで、更に関係が盛り上がりそうなとき。
夜景が綺麗な場所や、素敵なカフェ・レストラン等におしゃれをして出掛けてみましょう。
出掛ける時間のない方は、部屋の電気を消し、キャンドルを灯して、温かい雰囲気作りをするのもオススメです☆
そういった非日常的な雰囲気作りをすることで、パートナーと一緒にいることの楽しさを再確認することができるでしょう。

片想いの相手がいる方にとっては、好きな人と仲良くなりすいタイミングです。
普段恋愛において石橋を叩いて渡るA型ですが、人との距離を詰めるのに良い時期にきました。
今少し勇気を出して、好きな人に近づいてみましょう。
ちなみに「人として素敵だと思う」「人として尊敬してる」というような、恋愛感情を交えないような褒め言葉は、距離を縮める方法として最適です。
おためしあれ☆

好きな人がいない方にとっては、本音で話すことで人との距離が縮まりやすいとき。
何でも語り合えるような異性の友人から、恋に発展する可能性があります。
話をしやすい相手には少しずつ自己開示をして、話せる話題を増やしていきましょう。


☆*B型*☆

パートナーがいる方にとっては、「分かってもらえていない」というような寂しさを感じやすいとき。
その気持ちが大きくなる前に、パートナーに伝えるようにしましょう。
「休みの日の前日に伝える」など相手の余裕があるタイミングを考えたり、相手に伝わりやすい言葉を選んだり、考えて動くことによって受け止めてもらいやすくなるでしょう。

片想いの相手がいる方にとっては、2人の関係の土台作りのとき。
すぐに距離が近づいたりはしないかもしれませんが、今できた2人の共通の話題やノリがこれからも継続していくことになります。
人としてまっすぐ向き合い、信頼されるような振る舞いを心がけましょう☆

好きな人がいない方にとっては、必要以上に気を使ってしまいそうなとき。
出会いの場へ出て行っても、空気を読もうとしたり、会話を選んだりして疲れてしまいそうです。
もしそういう場所へ出ていく場合は、考えすぎ・気を使いすぎに注意!
軽い気持ちで楽しんでいられるよう意識していきましょう☆


☆*O型*☆

パートナーがいる方にとっては、すれ違いを感じやすいとき。
そして過度に期待をして、結果叶わず悲しくなるようなことが起こる可能性も。
そのため現実的・建設的に考えて行動をする練習が必要なときでもあります。
小さな問題が頭の中で大きくなる前に、行動計画を立てたり、話し合いの機会を持ちましょう。

片想いの相手がいる方にとっては、考えすぎて「先が見えない」と感じやすいとき。
あなたが思うより、現実は悪い状況ではありません。
まず日々の疲れを癒し、心も身体も元気な状態を目指しましょう。
疲れている時は、小さな問題も大きく捉えがちになります。
しかし心身共に調子が良いと、ネガティブな考えが生まれづらく、打開策も生まれやすくなりますよ☆
 

☆*AB型*☆

パートナーがいる方にとっては、2人の関係の上手いバランスの取り方を模索するとき。
今パートナーに「どうしてほしい?」「どうなったら嬉しい?」と聞いてみてもいいかもしれません。
関係が長くなればなるほど、そういった確認作業は減っていくものです。
そしてその時の立場や状況によっても答えは変わってくるかと思います。
今現在どうなのか、困っていることはないか等、改めて2人がどういられたら心地よいのかを知ることで、更に末永くお付き合いができる関係にしていくことができるでしょう☆

片想いの相手がいる方にとっては、優しさや温かさが武器になるとき。
好きな人から「あなたと一緒にいると落ち着く」と感じてもらいやすいタイミングです。
相手が疲れているときに栄養ドリンクを差し入れたり、温かい言葉をかけたり、話を聞いてあげたり・・
言い方は悪いかもしれませんが、相手の弱っている時が、逆にあなたを輝かせる時になるでしょう。

好きな人がいない方にとっては、共通の趣味や話題が見つかることによって、恋愛相手として意識しやすいとき。
異性と、まずは「人として向き合う」ということを大切にしてみましょう。
それが結果信頼されることや、一緒にいて安心することに繋がり、恋愛感情が生まれるきっかけになるでしょう。

執筆者 : 響子先生

響子先生のプロフィールを見る