恋愛週間占い|血液型占い(6月8日~6月14日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|血液型占い(6月8日~6月14日)




コラムイメージ


みなさん、こんにちは☆

紫陽花の花が美しい季節になりましたね。

それでは今週も運気の流れをチェックしていきましょう!





あなたの血液型を入力してください。










☆*A型*☆



パートナーがいる方にとっては、考えすぎないことで上手くいきやすいとき。

考えれば考える程、相手への不満が大きくなったり、自分に自信がなくなったりしてしまいます。

ネガティブな考えに捕らわれそうになったら、本を読んだり、人に会ったりして、考えを膨らませすぎないように気を付けましょう。

実際に頭を使いすぎないことで上手くいくことも多いですよ☆



片想いの相手がいる方にとっては、会話が盛り上がりやすいとき。

ただし相手を否定しないようにだけ気を付けてくださいね。

意見が違うと感じても「そういった考え方もあるんだね!もっと教えて!」というような、相手に理解を示すスタンスで接しましょう。

そういった相手を受け止めるような態度が、2人の距離を縮めることになるはずですよ☆




☆*B型*☆



パートナーがいる方にとっては、相手に甘えたり、頼ったりすることによって、関係が上手くいきやすいとき。

もう頑張りすぎ・背負いすぎを止めましょう。

今は相手にお願いいたいこと、言いたいことを伝えるチャンスです。

伝えるのには勇気がいるとは思いますが、言い方を考えたり、聞いてもらったら多めに感謝を伝える等すれば大丈夫です。

上手に相手に頼れるよう、まず言い方を考えるところから始めてみましょう。



片想いの相手がいる方にとっては、関係を盛り上げるチャンスです。

特に2人で協力して出来ることを見つけられると良いでしょう。

仕事でも趣味でもいいので、何か探してみてくださいね。

それがきっかけになって、更に仲良くなることができるはずですよ☆



好きな人がいない方にとっては、良い出会いのチャンスです!

ただドキドキするような出会いというよりも、一緒にいて落ち着く、安心するような出会いになるでしょう。

そのため出会った瞬間にビビッとくるようなものではなく、話している最中に心地よさに気づいていくような出会いになるでしょう。

出会いの場では、目立つタイプの人よりも、落ち着いた雰囲気の人とのほうがご縁がありそうです☆




☆*O型*☆


パートナーがいる方にとっては、関係に迷いが生まれそうなとき。

考えれば考える程、どうするのが正解なのかが分からなくなってしまいそうです。

そんな時はご自身の頭ではなく、心に聞いてみることにしましょう。

一緒にいて楽しいか、嬉しいか、落ち着くか、好きと感じるか、パートナーと一緒にいる時の心の状態を感じてみてくださいね☆



片想いの相手がいる方にとっては、ご自身の考えがご自身の行動を邪魔しそうなとき。

考える時間が長くなるほど悲観的になり、動けなくなっていく可能性があります。

そのため今の状況を客観的に見て、今後の行動計画を立てましょう。

そうすることによって、考えすぎることを少しはストップさせられるはずですよ。



好きな人がいない方にとっては、優しく理解ある態度で人に接することで、モテやすいとき。

今はご自身が話すより聞き役に回り、人の話を受け止めてあげましょう。

聞き上手になればなる程、好かれやすくなりますよ☆

リアクションを少し大きめにして、相手が話しやすい雰囲気を作るようにしましょう。

 

☆*AB型*☆



パートナーがいる方にとっては、話し方・接し方を工夫することで、2人の関係が上手くいきやすいとき。

相手の価値観に沿った言い方を考えたり、相手がよく使う言葉を使って説明するようにしたりすることで、ご自身が分かってほしいことを理解してもらうことができるでしょう。

いつもとは違う言い方や振る舞い方を考えてみてくださいね☆



片想いの相手がいる方にとっては、相手を上手に褒めたり立てたりすることによって上手くいきやすいとき。

そのために相手が何を大切にしているのか、何に多くの時間を使っているのかを把握しましょう。

そしてそのことについて質問をしたり、素敵な部分を褒めたりしてみてください。

そうすることで、相手にとってあなたが特別話やすい相手になるはずですよ☆



好きな人がいない方にとっては、今後の行動計画を立てると良いとき。

ただ闇雲に行動をすると疲れてしまいます。

なるべく少ない行動で良い結果を出すために、どんな相手と付き合いたいのか、そしてそういった相手はどんな場所にいるのかを考えてみましょう。

そしてそれに沿った今後の動き方を考えてみてくださいね☆





執筆者 : 響子先生


響子先生のプロフィールを見る