恋愛週間占い|血液型占い(10月5日~10月11日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|血液型占い(10月5日~10月11日)

コラムイメージ

みなさん、こんにちは☆

今回はこの連載の30回目です。
ここまで続けてこられたのも、読んでくださったみなさんのおかげです。
どうもありがとうございます☆

それでは今週も運気の流れをチェックしていきましょう!

あなたの血液型を入力してください。

☆*A型*☆

パートナーがいる方にとっては、考えすぎる傾向にストップすると良いとき。
頭を使うというより、今はご自身の感覚に耳を傾けてみましょう。
そして今ここに目を向けて、目の前の出来事を楽しんでいくということをしてみましょう。
今を楽しむということが、未来を楽しいものにするきっかけにすることができます。
試してみてくださいね☆

片想いの相手がいる方にとっては、自分の強みを知ると良いとき。
あなたのどんなところが人から好かれやすいでしょうか?
どんなところを人から褒められるでしょうか?
ご自身が当たり前だと思っていることの中にも、実は長所や素敵なポイントもたくさん隠れています。
自分の良いところを見つけて、それを伸ばして輝かせていきましょう。
それがあなたが人から愛されるきっかけになるはずですよ☆

好きな人がいない方にとっては、理想の恋愛について人と話すと良いとき。
それがご自身の恋活のモチベーションの維持につながったり、人からその条件とマッチした相手を紹介してもらえるきっかけになったりするでしょう。
もし理想の恋愛が思い浮かばなかったら、したくないと感じる恋愛をひっくり返すと理想の恋愛になります。
たとえば「嘘つく人とは恋愛したくない」というしたくない恋愛をひっくり返すと、「信頼できる真面目な人と恋愛したい」ということになりますよね。
ちょっと考えてみてくださいね☆


☆*B型*☆

パートナーがいる方にとっては、お互いの違いを乗り越えられるタイミングです。
相手が違う視点を持っていたり、出来ることや興味の対象が違ったとしても、悲観的にならないでくださいね。
それは自分と違うことが出来る相手、新しい視点を得られる相手、そのため尊敬できる部分がある相手、ということでもあります。
違うと感じる部分があったとしても、ぜひ建設的・前向きに捉えていってくださいね☆

片想いの相手がいる方にとっては、2人の関係性に変化が起こりやすいとき。
空気や流れに乗ってアプローチが出来れば、2人の関係が接近するきっかけになると思います。
ただ無理矢理アプローチをしたり、相手の気持ちを考えずに自分の気持ちを押し付けたりすると、距離が離れるきっかけになります。
できるだけ自然な形で仲良くなれるよう、タイミングをうかがいましょう☆

好きな人がいない方にとっては、今後の方向性を決めると良いとき。
今までどんな人と気が合いやすかったでしょうか?
どんな人を好きになりやすかったでしょうか?
それを考慮して、「これからこんな恋愛がしたい!」「こんな人と付き合いたい!」という方向性を決めましょう。
それがしっかり決まると、これからの恋愛で迷いにくくなるはずですよ☆


☆*O型*☆

パートナーがいる方にとっては、方向性の違いを乗り切るとき。
考え方や感じ方、歩むペースなど、人それぞれですよね。
どちらが悪いというわけではありません。
違っても大丈夫、とお互いの個性を尊重できるようになると、2人共が過ごしやすくなり、関係がぐっと良くなるでしょう。
お互いの違いを前向きに捉える練習から始めてみましょうね☆

想いの相手がいる方にとっては、不安を克服するとき。
疲れている時や眠い時、お腹がすいている時など、コンディションが良くない時は、不安や悩みに囚われやすくなります。
そしてコンディションが良くなることによって、それが和らぐということも多々あります。
不安に囚われそうになったら、ご自身を整えるということから始めてみましょう。
あたたかいものを食べたり、ゆっくり休んだり、元気になれるようなことをしてみてくださいね☆

好きな人がいない方にとっては、自分から自己開示をしていくことで、人と仲良くなりやすいとき。
とは言っても、ただ喋れば良いというわけではなく、本音の気持ちを話すということを心がけてみてくださいね。
たとえば「本当は喋るのがあまり得意じゃないんですよね」みたいな本音でも大丈夫です。
心を開いて話すということで、人と仲良くなりやすくなり、それを出会いにつなげていくことができるタイミングですよ☆


 

☆*AB型*☆

パートナーがいる方にとっては、会話がテーマになりやすいとき。
表面的ではない会話、本当に伝えたいことを伝える会話を心がけましょう。
とは言っても、怒りをぶつけるとか、まくし立てるようなコミュニケーションではありませんよ。
もし表面には怒りがあったとしても、その怒りのきっかけは「軽く扱われて悲しい」とか「分かってもらえなくて寂しい」とか、そういう悲しみや寂しさの感情であることが大半です。
そういった根本の気持ちを、ゆっくり話すよう心がけてみてくださいね☆

片想いの相手がいる方にとっては、お互いが楽しく心地よくいられるよう、工夫をすると良いとき。
好きな人のため・自分のためではなく、2人の意見を出し合って、2人が幸せでいられる道を模索しましょう。
ここで価値観の違いや、意見の違いも出てくるとは思います。
そこでお互いの意見の間を取るなどして、建設的に考えていくと良いと思いますよ☆

好きな人がいない方にとっては、楽しく心地よく過ごせるよう工夫をすると良いとき。
楽しく心地よく日々過ごせているときは、その人が一番輝いて見えるときです。
心が明るくなると、明るい雰囲気が周りに伝わることになるからです。
そのため、自分の好きなこと・心地よいことをして、楽しくいられるよう心がけてみましょう。
それによって、人から好かれやすい自分になることが出来ますよ☆

執筆者 : 響子先生

響子先生のプロフィールを見る