恋愛週間占い|血液型占い(5月17日~5月23日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|血液型占い(5月17日~5月23日)

コラムイメージ

暖かい日が続いておりますね。
私事ですが最近大変興味がある事が「夢占い」です。
興味があると言いますか数日、似た意味の夢だったり、同じ生き物が何度も登場したりと。
何か良い予感を感じております☆
良い夢は3日間は秘密にする事が良いのですよね!
そんな今日の夢はフェイント??
同じ生き物だけど。。。
形も動きも。。。
これは何だ??
と少し笑えてしまいました。
本日のお写真は地下に入り神様方がたくさんいらっしゃる場所?!へ行ってきた画像です。
真っ暗の中を歩き見えてきたのはまさしく天国のような場所。
ずっと見ていても飽きないものです。
さて今週の血液型占いです☆

あなたの血液型を入力してください。

☆*A型*☆

今週は大きな学びがありそうです☆
彼さんから、彼女さんから、片思いの方から。。。
耳を澄ましてお過ごし下さいね!

●お付き合いされているお方
お付き合いされている方とのご関係は絶好調のようですよ☆
しかし気付けばお友達との交流が薄れてしまうよう。。。
お付き合いしている方との絆を信じ、周囲の方への配慮も忘れないようにご注意して下さいね。

●片思いのお方
迷いから覚め、どうするべきか見えてくるようですよ☆
誰かがアドバイスをくれるのかも知れませんね。
誰かが背中を押してくれるのかも知れませんね。
道が見えたら迷うことなく奮闘する事なく行動に移す事が大切のようですよ!

●好きな方がいないお方
周囲の人に傷つけられる事があるかも知れません。
でも悪気あるお言葉・行動ではないのです。
後になって気付くものなのです。
しばらくは積極的に動くのではなく自分で自分を守る事に徹底して下さいね。
後で必ず笑えますよ^^


☆*B型*☆

正しい判断が出来る時、正しい結果が出る時。
希望や感情とは関係なく物事があるべき方向へ進行していくようです☆
別れでもあり、喜びでもあり。。。
でもとっても大切なお時間になるはずです。

●お付き合いされているお方
喧嘩などに発展してしまうかも。。。
でもこの時間はお二人の今後のためには必要な流れのよう。
必ずお互いに納得し、反省し、明るい未来のために進めるはずですよ☆

●片思いのお方
少し先行きが困難な状況になってしまうかも知れません。。。
どうして良いかわからなくなってしまうかも知れません。。。
あまり思いつめすぎずもっと楽に考えて見て!
次の道が見えてくると思いますよ。
視野が狭くなればどうしても見失ってしまうものですよ。

●好きな方がいないお方
体だけが先走る恋愛は失敗します。
ただ楽しければ良いと考えていれば取り返しのつかない事にも繋がってしまいます。
慎重に行動する事で本来求めているものに気付けるようですよ。
幸せの近道をして下さいね☆


☆*O型*☆

ちょっと傲慢になってしまうよう。。。
自信のなさに繋がり行動や意欲を失う事にもなってしまいます。
コントロールのバランスをとる事が大切のようですよ!

●お付き合いされているお方
指導権を握る事があるようです!
人を引っ張る事で良い事もあれば気付けば傲慢になっている事も。。。
主導権を握り展望が開けても大切なものを見失ってはいけませんよ!

●片思いのお方
我欲に振り回され人の気持ちを考えられなく見えなくなってしまうかも知れません。
自分がどうしたいかではなく、相手はどうしてほしいのかを考えてみる事が良いみたいです☆
相手が望む事を見付けると片思いの距離も縮まっていくでしょう^^

●好きな方がいないお方
損得を意識した恋愛は上手くいかないものです。
そのような見方をされているというのは相手にも伝わるものなのです。
まずは損得勘定を抜きにして相手と話をする事が大切です。


 

☆*AB型*☆

少し落ち着きがなくなってしまう暗示です!
極端な判断をしてしまい判断を誤ってしまっては大変です。
冷静に落ち着いて行動して下さいね。

●お付き合いされているお方
慎重すぎて動かない、前へ進む勇気がないという状況に出くわしそうです!
無鉄砲な行動は危険ですが、勇気の問題であれば自信を持って下さいね☆
勇気の無さが判断を誤ってしまう事なのかも知れません。

●片思いのお方
これまでのやり方は通用にないようですよ。
今のままでは前へ進めないようです。
思い切って気持ちを伝えるか自分の魅力を磨くのか大革命の時のようです☆

●好きな方がいないお方
うまくいかないと誰でもいいから恋愛したいというお気持ちにもなってしまうものです。
そういう気持ちになるのは精神的に追い込まれているからですよ。
そんな時だからこそ落ち着いて行動しましょう。
宜しくお願い致します。

執筆者 : 優華先生

優華先生のプロフィールを見る