恋愛週間占い|血液型占い(7月5日~7月11日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|血液型占い(7月5日~7月11日)

コラムイメージ

皆さん、こんにちは。
この度、記事を担当することになりました、鑑定士の叶子です。
どうぞよろしくお願いします。

しとしと降る雨のあとは、蒸し暑い天気。強い日差しが差し込み、いよいよ夏の訪れを感じずにはいられません。
熱中症対策を忘れずに過ごしてくださいね。
我が家では、今年初めて梅シロップを作りましたよ。とっても簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

それでは、今週の運勢をみていきましょう。

あなたの血液型を入力してください。

☆*A型*☆

思ったほどの結果が得られず、落ち込んでしまうかもしれません。
片思いのひとは、頑張ってアピールしたのにも関わらず、期待外れな展開になったり、ちょっぴり諦めの気持ちも起こりそう。
復縁したいと思っている人も、うまくいかずに心が折れてしまうかも。でも待ってください。今は、時を待つことで、チャンスがくるのを待ちましょう。
今、お相手がいない人、婚活されている人は、頑張りすぎないほうが良い時です。
あまり気が乗らないお誘いなどがある時は、潔くお断りしましょう。
お相手がいる人は、わがままになりすぎないように気を付けましょう。相手に嫉妬して、過剰な束縛や、わがまま、無理なお願いは禁物。
相手への不満は、勢いや感情に任せて伝えないように気を付けましょう。
こうしてくれると嬉しい、等のお願い形式で、冷静になってから伝えるようにしてください。


☆*B型*☆

自信を失うようなことがあるかもしれません。
片思いのひとは、相手に好きな人がいることが分かったり、気持ちを切り替えざるを得ないことがあるかもしれません。
復縁したいと思っている人は、相手から拒絶されたり、あなたのことを否定されるような体験をするかもしれません。まずは、行動する前に、周囲の誰かに相談することも大事です。
今、お相手がいない人、婚活されている人は、今までの価値観を見つめなおすといい時期です。
こんな人がいい、こういうことをしてくれるタイプが好き、などの恋愛の条件は、いったん頭から外してみるといいでしょう。そうすることで、出会いの間口を広げておくことが大事です。
お相手がいる人は、相手の裏切りや浮気などが発覚する可能性があります。今まで大事にしてきたものが、意味をなさなくなるような体験があるかもしれません。
感情的になってしまっては、うまくいくものもいかなくなってしまいます。自分一人で解決しようとせず、信頼できる誰かに相談してみましょう。


☆*O型*☆

希望があふれる週になるでしょう。
片思いの人は、好きな人と二人きりになったり、連絡先を知ることができたり、などのラッキーな出来事があるかもしれません。
復縁したいと思っている人は、自道なアプローチが功を奏するでしょう。これまで、積み重ねてきたものが、大きな収穫となってかえってくるかもしれません。
今、お相手がいない人、婚活されている人などは、理想的な相手に出会える可能性が大。また、これまで好きになった人とは違うタイプに目がいくかもしれません。
婚活している人は、プロポーズされる人もいるでしょう。
お相手がいる人は、あらためて相手にトキメキを感じるかもしれません。これからどうしていくかを、二人で考えたり、未来を思い描いたりもいいでしょう。
結婚を考えている人は、周囲に関係を公認されたり、子宝に恵まれるなどの暗示も出ています。


 

☆*AB型*☆

過去にとらわれて、現状に不満を抱くかもしれません。
片思いの人は、なかなかうまく気持ちが伝えられずに、モヤモヤするかもしれません。頭で考えて策を練るより、感じたままに行動するほうが良いでしょう。
復縁したいと思っている人は、思いが募って、思い悩むかもしれません。でも、過去は過去。今は、あの時ではないのです。復縁したいという想いは、少しだけ休憩して、自然の中を歩いたり、海を眺めたり、気分転換してみましょう。
今、お相手がいない人、婚活をされている人はなどは、もしかすると、理想が高すぎるのかもしれませんよ。うまくいかない、なかなかステキな人と出会えないという人は、見直しを。母性本能をくすぐる年下の男性に注目。
特に婚活をされている人は、理想は理想。結婚生活は現実ですから、一緒にいてラクな相手が一番です。
お相手がいる人は、相手への不満が募ってしまうかもしれません。
一緒にいる期間の長いカップルほど、新鮮な気持ちを忘れがちです。当たり前になってしまっている、相手のやさしさや、思いやりなど、改めて見直してみて。
いつもありがとう、の気持ちを、素直に言葉に出して言ってみる習慣を付けるといいですね。



今週の運勢はいかがでしたか?
もしもうダメかもと思うようなことがあっても、動揺しなくても大丈夫。落ち着いて、まずは深呼吸してみましょう。
そしてもう一度、立ち上がるための英気を養いましょう。そのためには、自分自身を満たしてあげることが大事です。
諦めなければ、必ず状況は好転していきます。信念を持ち続けましょう。

執筆者 : 叶子-yoko-先生

叶子-yoko-先生のプロフィールを見る