恋愛週間占い|血液型占い(4月1日~4月7日) | みん占

恋愛占いアプリ 口コミで大評判 | みん占
PAGETOP

恋愛週間占い|血液型占い(4月1日~4月7日)

コラムイメージ

皆さん、こんにちは。鑑定士の叶子です。
4月が始まりましたね。
何かと慌ただしく、毎日がすぐに過ぎていくような気がします。
新しい人や、新しい場所との出会いが増える時期でもありますね。
ドキドキやわくわくが凝縮された季節。
知らず知らずのうちに、疲れがたまってしまうこともありますので、睡眠は十分とるように心がけたいですね。
それでは、今週の運勢の流れを見ていきましょう!

あなたの血液型を入力してください。

☆*A型*☆

片思いをされている方は、これまで悩んだり、不安になっていたことが晴れていき、自信を持ってアプローチができそうな時が来ているようです。
案外、不安になっていたのは自分自身の問題だったりして、そこに気付くことが問題解決のカギになりそうです。
出会いを探している方や、婚活をされている方は、今までの努力や、積み上げてきたことが自信となって、積極的になれそうです。
周りの人は○○なのに、私は…私なんて、等の気持ちは不要です。
あなたという人そのものが、他の誰でもない魅力の持ち主なのです。
不安や心配は、すべてあなたの中のもの。
自分の魅力に気づいたら、自信を持って大丈夫ですよ。
結婚されている方や、パートナーのいる方は、これまで不安に感じてきたことは、相手のせいではなく、まず自分自身から見つめなおす。
この姿勢こそが、二人の関係をまたひとつよくしていくキッカケになるでしょう。
何か新しい事を始めたり、新しい目標などに向かって動き出すのにいい時期です。
二人で、話し合うことで見えてくるでしょう。


☆*B型*☆

片思いをされている方は、あなたの気持ちのままに行動をするより、周りの人の力や協力などを得て、行動するほうがいい時期です。
特に自分自身の好きな思いが高ぶっている時こそ、注意が必要になります。
冷静な目を忘れないためにも、友人などの助言も大切に。
年上の頼れるリーダーに相談するといいでしょう。
出会いを探している方や、婚活をされている方は、思いやり溢れる年上の異性や、年下でも頼れるしっかり者の異性にご縁のある時です。
今、自分は出会いを探しているんだ、ということを周りにも伝えておくと、協力してくれる人もでてくるでしょう。
いいお話がきたら、条件などだけで判断せず、とりあえずは一度会ってみるというのも大事です。
今までの苦い経験は、決して無駄にはなりません。
結婚されている方や、パートナーのいる方は、ながく一緒にいる間柄でも、思いやる気持ちが大事な時です。
相手にもっと○○してくれれば…等求めることもいいですが、時にはまず自分が変わることも大事です。
今までの積み重ねた苦労や、経験が生きてくるでしょう。


☆*O型*☆

片思いをされている方は、今までなかなかうまくいかずに苦しかったことが、報われる時がきたようです。
諦めの気持ちや、もうダメだと思っていたことに光が差すでしょう。
今までの頑張りは無駄ではなかったことがわかるでしょう。
うまくいかなくても、感情的になることなく冷静な気持ちをもつことが大事です。
出会いを探している方や、婚活をされている方は、これまでうまくいかずに心が折れそうだったひとも、新しいチャンスがやってきそうです。
思ったようにうまくいかなくても、あなた自身のペースを維持することが大切です。
周りと比べて焦る必要はありません。
結婚されている方や、パートナーのいる方は、今まで積み重ねてきた努力は、決して無駄ではなかったと思い知るでしょう。
苦しかった人は、やっと報われる時がきたようです。
傷つくことを恐れて、休憩していた人も、ようやく自分の殻から抜け出し、活動する時がきたようです。
無理なく、自分のできる範囲を見極めて、動きましょう。


 

☆*AB型*☆

片思いをされている方は、傷つくことを恐れて、動けずにいるのかもしれません。
好きだからこそ、相手からは好かれていたい。
好きになってもらいたい。
これは恋をすると当然の気持ちです。
だからこそ、傷つくことは怖くなります。
ですが、傷ついても前に進むことは、時として大事な時があります。
その分、あなた自身は今までよりも、強くなれるはず。
出会いを探している方や、婚活をされている方は、なかなか恋をする気力が持てない時なのかもしれません。
また、もう脈はないとわかっている相手を、思い続けて、なかなか断ち切れなかったりするかもしれません。
ですが、そこは恐れずに。
まずは目の前の現実を見ることから始めてみましょう。
そうすることで、前へ進むきっかけができますよ。
結婚されている方や、パートナーのいる方は、今まで積み重ねた時間や、労力などを思うと、なかなか手放すことが出来なかったことを、そろそろ手放す時期にきているのかもしれません。
それは、ものでなくても、気持ちも同じことがいえるでしょう。
歴史の長い二人だからこそ、積み重ねた思いも大きいはず。
それは、ちょっとやそっとでは消えないものでもあります。
手放すことが怖いのは、皆当たり前の気持ち。
でも手放した先には、新しい世界が広がっていくのです。

執筆者 : 叶子-yoko-先生

叶子-yoko-先生のプロフィールを見る